鹿児島県の代表的な湧水

回答市区町村名 湧水の名称 所在地 概要等 アクセス制限
◎:可
○:可(制限有り)
×:不可
−:不明
湧水保全活動 湧水写真・位置図
名称 ふりがな
鹿児島市大重谷湧水おおしげだにゆうすい鹿児島市
下田町
七窪公民館から南へ約450m。
有料で湧水の購入ができる。
  
鹿児島市明ヶ窪湧水みょうがくぼゆうすい鹿児島市
伊敷台
交通局北営業所前バス停を坂元方面に向かい、約300mの伊勢神社近く。
  
鹿児島市七社湧水ななやしろゆうすい鹿児島市
吉野町
七社神社を過ぎて右折。
七社バス停を過ぎて、道沿いに約300m。
  
鹿児島市波之平湧水なみのひらゆすい鹿児島市
東谷山
高見バス停から約30m。
  
鹿児島市酒水の井戸さかみずのいど鹿児島市
下福元町
慈眼寺公園内の遊仙橋近く。
  
鹿児島市清泉寺跡湧水せいせんじあとゆうすい鹿児島市
下福元町
向原バス停から海側に5分ほどくだる。
  
鹿児島市甲突池こうつきいけ鹿児島市
郡山町
あいばす甲突池バス停から八重山公園側に向かって約100m。
甲突川の源流であり「平成の名水百選」に選定。
  
鹿児島市八重の雫やえのしずく鹿児島市
郡山町
八重山公園より上之丸方面へ約500m。
  
鹿児島市井手ノ河湧水いでのかわゆうすい鹿児島市
喜入生見町
生見小学校の近く。
  
鹿屋市錦谷自然共生型公園にしきだにしぜんきょうせいがたこうえん鹿屋市
名貫水源地から下流域に広がる湧水源
八重山公園より上之丸方面へ約500m
錦谷自然共生型公園づくり(休止中) 
鹿屋市荒谷水源地あらたにすいげんち鹿屋市
串良町細山田2776番地
上水道用水源地計画取水量12,300m3/日
×
涵養保安林の取得 
鹿屋市高松水源地たかまつすいげんち鹿屋市
串良町細山田2309番地1
上水道用水源地計画取水量7,200m3/日
×
涵養保安林の取得予定 
鹿屋市新高隈水源地しんたかくますいげんち鹿屋市
下高隈町3861番地
上水道用水源地計画取水量3,400m3/日
×
涵養保安林の取得 
鹿屋市高牧第二水源地たかまきだいにすいげんち鹿屋市
高牧町15890番地
上水道用水源地計画取水量700m3/日
×
  
鹿屋市古江第二水源地ふるえだいにすいげんち鹿屋市
古江町6951番地
簡易水道用水源地計画取水量700m3/日
×
  
鹿屋市柏木水源地かしわぎすいげんち鹿屋市
輝北町上百引5381番地11
簡易水道用水源地計画取水量33m3/日
×
  
鹿屋市水辺の広場みずべのひろば鹿屋市
田崎町377番地1
○面積 1.15ha
  
鹿屋市中山池公園なかやまいけこうえん串良町
上小原1800番地
○面積 1.74ha
  
鹿屋市下小原池公園したおばるいけこうえん串良町
下小原4655番地1
○面積 5.08ha
  
出水市不明 出水市
上大川内国道447号沿い
(伊佐市境付近)
持ち帰りは自由、利用者は多い。
  
出水市不明 出水市
文化町343番地1先
国道328号沿い
飲用としては利用されていない。
持ち帰りは自由。
  
指宿市唐船峡京田湧水とうせんきょうきょうでんゆうすい指宿市
開聞仙田川上迫92−5
九州最大のカルデラ湖からの伏流水とされ,地域のかんがい用水及び2,560世帯に水道水を供給する,地域の水がめとなっている。
湧水周辺は,指宿市水道事業の職員及び唐船峡そうめん流しの従業員により,清掃・美化活動が行われている。地図
地図
垂水市ガラッパ公園がらっぱこうえん垂水市
新城
山の中腹岩盤より湧出し、滝壺のようになっており、河童が住んでいたと言い伝えられている。
新城郷土史研究会等地域民の手により、年数回清掃作業が行われている写真
垂水市垂水城跡と殿様水たるみずじょうあとととのさまみず垂水市
元垂水
垂水城は保安元年(1,120)上総介舜清が築いたとされる。
垂水城の崖下から清水が湧き出し,水がしたしたと垂れる情景から「垂水」という地名が生まれたと言われる。
ただし、数年前の台風土砂災害により周辺が崩れてしまっており、往年のような美しさは損なわれ、僅かに湧水が確認できるのみである。
年1回程度周辺の清掃作業を行っている。写真
垂水市井川観音いがわかんのん垂水市
新御堂
井川集落から北へ約1kmの地点に位置する。
山の麓に崖を彫り込んで観音が5体安置されているが、その下方から水が湧き出ている。
地域民の手により年数回清掃作業が行われている写真
垂水市大師の湧水たいしのわきみず垂水市
新城
弘法大師の賜物で,浜砂の間より水が滾々と湧いていたとされる。
現在は枯れているが,国道脇に陸軍所の水として碑が建立されている。
新城郷土史研究会等地域民の手により、年数回清掃作業が行われている写真
霧島市大出水の湧水おおでみずのゆうすい霧島市
横川町下ノ赤水
毎分22.5tの清い水が岩穴から絶え間なく湧き出しており,水温は1年を通じて15度前後である
昔から赤水自治会が年1回大出水の湧水周辺及びアクセス道路のボランティア清掃活動を行っている。 
志布志市普現堂湧水源ふげんどうゆうすいげん志布志市
有明町
「平成の名水百選」に選定
水量調査、水質調査の実施。
NPO団体による清掃活動の実施。
 
志布志市沢目記の湧水ぞめきの湧水志布志市
志布志町
沢目記集落の共有施設として利用されている。
湧水量が豊富である。
沢目記集落による保全活動の実施。 
志布志市ちんたら湧水ちんたらゆうすい志布志市
有明町
ちんたら(ダラダラ)と湧水が流れることから、名づけられたとされる。
この湧水を使って、芝用地区むらづくり委員会により蕎麦が作られている。
  
志布志市水神様しじんどん志布志市
有明町
湧水量が豊富で、農業用水として利用されている。
  
志布志市御前の水ごぜんのみず志布志市
志布志町
「方丈川水源」と呼ばれ、島津の殿様に差し上げたと言われている。
  
志布志市蔵王田の湧水ぞろたのゆうすい志布志市
志布志町
麓地区の史跡「天水氏庭園」の門の前から湧き出している。
  
志布志市いけん湖いけんこ志布志市
松山町
湧水が豊富に湧いており、昔は子どもたちがプール代わりに使ったり、どろんこ大会が行われていた。
  
奄美市チボリちぼり奄美市
名瀬大熊町
住民の飲料水等で利用されている。
なお、長期間雨が降らなかったときでも、枯れたことはない。
 写真
奄美市泉水川そうじんごう奄美市
笠利町大字平字泉水川13番地
住民等の飲用水として利用されている。
 写真
南九州市清水の湧水きよみずのゆうすい南九州市
川辺町清水
名水百選にも選ばれた湧水。
川辺町の上水の水源にもなっている。
湧水とその周辺の清掃作業を町の水道課と町内の水道事業者が合同で年1回開催。
年4回の水質検査実施
 
南九州市清魂水せいこんすい南九州市
川辺町清水
清水岩屋磨崖仏群の近くから流れ出る湧水
年4回の水質検査実施 
長島町魚釣瀬うおつりぜ長島町
指江1367番地
指江集落へ飲料水として給水している。
計画取水量 201m3/日 ろ過形式:急速ろ過
×
水質の定期検査 
長島町口之福浦くちのふくうら長島町
平尾1326番地2
口之福浦集落へ飲料水として給水している。
計画取水量 36m3/日 ろ過形式:膜ろ過
×
水質の定期検査 
長島町北方崎ほっぽうざき長島町
平尾2309番地32
北方崎集落及び茅屋集落へ飲料水として供給している。
計画取水量 116m3/日 ろ過形式:緩速ろ過
×
水質の定期検査 
湧水町丸池湧水まるいけゆうすい湧水町木場59,000t/日の湧水量
年1回程度の清掃活動を行っている。 
湧水町竹中湧水たけなかゆうすい湧水町川添90,000t/日の湧水量
年1回程度の清掃活動を行っている。 
喜界町ウッカアうっかあ喜界町伊実久集落の中に湧水があり、下流には下田の滝がある。
年に1〜2回程度清掃を行っている。 
喜界町ナガオダイながおだい喜界町滝川喜界町では1番の湧水量
飲料水として利用している。
毎月水質調査を行っている。 
喜界町ウッカ-うっかー喜界町伊実久集落の中に湧水があり、下流には下田の滝がある。
飲料水として利用している。
年に1〜2回程度清掃を行っている。 
喜界町雁股の泉かりまたのいずみ喜界町小野津源為朝伝説が言い伝えられている。
年に1〜2回程度清掃を行っている。 
和泊町国頭暗川くにがみくらごう和泊町国頭集落内にあり以前は飲料水としても活用。
洗濯等生活の中心。
  
和泊町喜美留暗川きびるくらごう和泊町喜美留集落内にあり以前は飲料水としても活用。
洗濯等生活の中心。
  
知名町ジッキョヌホーじっきょぬほー知名町
瀬利覚1372-3
ジッキョヌホーは「瀬利覚の川」の意。
瀬利覚集落内に位置し、以前は飲用の水源としても活用されており生活の中心であった。
平成の名水百選に選定されている。
集落民が、年に数回清掃作業を実施 
知名町住吉暗川すみよしくらごー知名町
住吉2458-1
集落内にあり以前は飲料水としても活用。
洗濯等生活の中心。
暗川を中心とした園地整備中。
集落民が、年に数回清掃作業を実施 
与論町塩川湧水しおかわゆうすい与論町
麦屋3625−1地先
海浜地の湧水
農業用水源として町で管理