宮城県の代表的な湧水

回答市区町村名 湧水の名称 所在地 概要等 アクセス制限
◎:可
○:可(制限有り)
×:不可
−:不明
湧水保全活動 湧水写真・位置図
名称 ふりがな
岩沼市慈覚大師の湧水じかくたいしのわきみず岩沼市
志賀字薬師地内
慈覚大師のいわれがあり、千貫山から湧水が道路脇に出ており、飲み水として汲みに来る人がいる。
地域で清掃等を実施 
登米市平貝の清水ひらがいのしず登米市
南方町下平貝128
南方町には昔から七つの清水と八つの沢があり七清水八沢と語り伝えられてきました。
その清水も開発等によっていつしか消滅し現存するのは平貝の清水だけとなり、平成二年に南方町(現登米市)文化財として指定された。
・年数回湧水周辺の清掃
・年数回の草刈り作業
 
栗原市薬師の清水やくしのしみず栗原市
築館字館下地内
築館薬師ヶ丘の南に位置し、昔から「せいまさんの清水」という名前で地域の皆さんに親しまれていた。
立入りについては周囲の環境整備、道路整備等が必要。
保全活動等、最近は特になし。
年数回の草刈り作業
 
栗原市桂葉清水かつらはしみず栗原市
高清水長福寺24
旧町名の由来となった湧水群「高清七清水」を代表するもので、昭和60年に日本名水百選に選定されている。
平成4年に周辺を公園として整備されています。
水質の定期調査(月1回)
湧水井戸の洗浄清掃を毎月実施している。
 
栗原市清水権現清水しみずごんげんしみず栗原市
高清水五輪
高清水七清水の一つですが、現状については不明です。
私有地につき立入制限あり。
  
栗原市金剛院清水こんごういんしみず栗原市
高清水本町
高清水七清水の一つで、現在も沸き続けており、自家用水として利用されています。
私有地につき立入制限あり。
×
  
栗原市小山下清水おやましたしみず栗原市
高清水本町40先
牟良佐喜神社裏手にあり、昔は神社をお参りする人や旅人の休憩の場、水のみ場として使われていた。
近年,地域住民が設置した井形のみの状態であったが、現在は周辺の整備が行われた。
  
栗原市本町裏清水もとまちうらしみず栗原市
高清水下町
高清水七清水の一つで、現在も沸き続けており、自家用水として利用されています。
私有地につき立入制限あり。
  
栗原市鷹の羽清水たかのはしみず栗原市
金成姉歯根岸
源義家が奥州征伐のため下向し、鷹の羽の矢を射った岩穴から清水が湧き出した
地域住民による清水周辺の清掃活動を行っている 
栗原市金明水きんめいすい栗原市
栗駒沼倉耕英地内
栗駒山の南東麓、ブナ林に囲まれた地に湧き出る湧水。
  
東松島市太郎坊清水(一杯清水)たろうぼうしみず(いっぱいしみず)東松島市
大塩
太郎坊清水は深谷の名水として知られた清泉で、別名「一杯清水」とも言われる。
一杯汲んでもまた一杯と湧き、水位が決して変わらないためと伝えられている。
定期的に清掃活動を行っている。 
大崎市清滝不動の滝きよたきふどうのたき大崎市
古川清滝字清水帯61
杉木立に覆われた不動尊の堂宇を中心に相対して二つの滝があり男滝(おだき)女滝(めだき)という。
いずれも水位落差1m内外だが四季を通じて気象の変化に左右されることなく常に一定の水量を保っているのが特徴である。
平成21年度より市での水質検査は行っていない。 
蔵王町水神社すいじんじゃ蔵王町
字東湯口地内
元和9年(1623年)蔵王連峰刈田岳の噴火を境に、それまでわき出していた湯が清水に変わり、旱ばつになっても困ることがなくなったため村人たちが清水に感謝し、神社を建てて水神を祭ったと伝えられています。
年2回程度、水神社の湧水箇所周辺の清掃を実施しているほか、周辺の環境保全を啓発するための掲示板等を設置している。 
七ヶ宿町鏡清水かがみしみず七ヶ宿町
字干蒲地内
白石川の源流。
江戸時代、お姫様が髪の乱れを直す際に鏡の代わりとして使用したのが名前の由来。
地域で清掃等を実施写真
大河原町蟹清水かにしみず大河原町
堤字大井戸51
古来よりいかなる干ばつにも枯れることがなく村人から保護されてきた。
また、湧き口にはサワガニが群生し、蟹清水の名前の由来となった。
×
  
川崎町ブドウ沢清水ぶどうさわしみず川崎町
大字今宿字小屋沢山
ブナ林から流れ出す清水。
林道沿いにあるため、落石等の危険及び対向車との通行に支障あり。
  
亘理町田澤清水たざわしみず亘理町
逢隈田沢字糀町地内
古来より周辺の水田の底に澤のような流れがあり、田沢という地名になったとされています。
この地の肥沃な土地と清水の清流で出来た米は、味、品質共に良く、亘理藩主の御膳米や清酒の原料の糀米として使用されていたと伝えられています。
田沢清水地蔵尊が祀られており、地元町内会による看板設置、周辺草刈、花の植栽が行われている。写真
亘理町一の坂長命の水いちのさかちょうめいのみず亘理町
吉田字一の坂地内
平成5年度に一の坂林道を改修した際に湧き出で、水量が潤沢で町内外の方においしい水として親しまれていました。
その後整備され、一の坂長命の水と命名されました。
小屋・看板等あり。
随時林道の草刈りを実施している。
現在「ここの水は飲めません!」の看板がある。
写真
山元町幸福の水こうふくのみず亘理郡
山元町
坂元字上山地内
山元町から角田市へ通じる県道(主要地方道角田山元線)脇にある清水
地元行政区で募金箱を設置し、募金等によって周辺環境の整備・保全を行っている。