ウォータープロジェクトとは

ウォータープロジェクトの目的

「健全な水循環の維持、回復」などを目的として、平成 26 年 7 月に「水循環基本法」が施行され、国、地方自治体、事業者等がそれぞれの役割のもとに、健全な水循環の維持・回復のための取組みを積極的に推進することが求められています。

「健全な水循環」とは

「水循環」とは、水が、蒸発、降下、流下または浸透により、海域等に至る課程で、地表水または地下水として河川の流域を中心に循環することをいいます。
「健全な水循環」とは、水循環が、人の活動及び環境保全に果たす水の機能が適切に保たれた状態をいいます。

規約

本プロジェクトは、健全な水循環の維持・回復について、①民間の主体的・自発的・積極的な活動、②官民連携に焦点を置き、広く国民の理解と関心を深めるとともに、具体的な取組の推進や取り組み相互の連携協力の機会をつくり、全国的な幅広い取り組みを推進することを目的とします。
ウォータープロジェクト参加企業・団体活動規約(PDFファイル:477KB)pdfファイルへリンク
ウォータープロジェクト共通シンボルマーク使用規約(PDFファイル:476KB)pdfファイルへリンク

同意項目

ウォータープロジェクトの目的に賛同し、参加します。

水が国民共有の貴重な財産であり、公共性の高いものであることに鑑み、その利用は適正に行い、現在及び将来の国民全てがその恵沢を享受できることが確保されるよう努めます。

水の利用にあたっては、水循環に及ぼす影響が回避される又は最小となるよう務め、健全な水循環が維持されるよう配慮します。

健全な水循環の維持又は回復が人類共通の課題であることを認識し、水循環に関する国際的取り組みに積極的に協力します。

健全な水循環の維持又は回復のために国又は地方公共団体が実施する水循環に関する施策について積極的に協力するよう努めます。

「水の日」を国民に対して積極的に周知するとともに、水循環の重要性等について自らの取り組みを通じて啓発するよう努めます。

その他、水循環の維持又は回復に資する事業活動や環境活動、啓発活動等に積極的に取り組むよう務めます。

ウォータープロジェクト参加申請書

上記の「ウォータープロジェクトの目的」を確認の上、「規約」に同意いただき、「同意項目」に同意される方は、下記の申請書に記入の上、メールに添付してご提出ください。

承認後、「活動状況」の一覧に公開される他、「啓発ツール」のダウンロードデータの解凍パスワードをお知らせします。

既に活動中(過去に申請済)の方で、登録内容が変更になった場合や、再度啓発ツールをダウンロードされたい場合も、改めて申請をお願いします。

ウォータープロジェクト参加申請書(PDFファイル:74KB)pdfファイルへリンク
ウォータープロジェクト参加申請書(エクセルファイル:28KB)

申請書送付先

ウォータープロジェクト事務局

pdfファイルへリンクこのアイコンのリンクはPDFファイルで提供されています。