高知県 高知平野 地盤環境情報  

高知県 高知平野 地盤環境情報

1.概要

(1)地盤沈下の概要

本地域の地盤沈下は、鏡川及び国分川の両河口を中心とした地域で続いています。

(2)地形・地質の概要

高知市市街地の発達する本地域は、構造的に見て地溝性の部分であり、その凹地を砂礫・粘土等によって埋め立てられた小起伏の平坦地、いわゆる沖積平野です。

2.地下水採取の状況

3.地盤沈下等の状況

高知市では、昭和48年より水準測量を実施しており、その累積沈下量は、平成15年までの30年間に沈下の激しい地点の1つである南久保卸商センターで約18.5㎝にも及びます。同じく沈下の激しい地点の1つである下知下水処理場では、昭和58年から平成15年までの20年間に約7.7㎝程度の沈下が見られました。

4.被害

5.対策

(1) 監視測定

高知市では、昭和48年に27ヶ所(平成15年度時点20ヶ所)の水準点を設け、市内の地盤沈下量を測定しています。また、水位観測井は2ヶ所2井(うち水位計のみが1ヶ所1井)設置されています。

(2) 地下水等の採取規制

6.詳細情報へのリンク

その他の「詳細情報」を、下記のエクセルファイルからご覧になることができます。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

このページの先頭へ