和歌山県 地盤環境情報  

和歌山県 地盤環境情報

1.概要

(1)地盤沈下の概要

和歌山県では、県公害防止条例において、事業者が事業活動を行うに当たっては、公害(地盤沈下を含む)を防止し又は自然環境を適正に保全するために必要な措置を講ずる責務について規定しているが、令和元年度までに地盤沈下による被害は認められない。

(2)地形・地質の概要

和歌山県も属する紀伊山地は、雨量が多いこともあって、浸食作用が強くはたらくため、険しく変形にとむ地形になっている。このため、梅雨末期の集中豪雨や台風時には、山地の斜面崩壊や土石流、洪水など、大きな気象災害が起こることがある。また、和歌山県の大地は堆積岩、火成岩、変成岩からできている。和泉山脈や有田地方から東牟婁地方にかけての地域には堆積岩が広く分布しており、由良町城崎などでは石灰岩が見られる。

2.地下水採取の状況

統計資料によれば、地下水利用量として、上水道用水で254.7千m3/日、工業用水で74.1千m3/日(平成30年度実績)である。

3.地盤沈下等の状況

特になし

4.被害

特になし

5.対策

(1) 監視測定

特になし

(2) 地下水等の採取規制

和歌山県公害防止条例において、公害(地盤沈下を含む)を防止し又は自然環境を適正に保全するために必要な措置を講ずる責務について規定している。その他、有田川町の「地下水の採取の最適化に関する条例(H23.3制定)」や、白浜町の「地下水の保全及び利用の適正化に関する要綱(S59.12制定)」などがある。

6.詳細情報へのリンク

その他の「詳細情報」を、下記のエクセルファイルからご覧になることができます。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

このページの先頭へ