兵庫県 淡路島南部 地盤沈下情報  

兵庫県 淡路島南部 地盤沈下情報

1.概要

(1)地盤沈下の概要

国土地理院が昭和45年に実施した一等水準測量によれば、洲本市の中心部から南あわじ市 (旧三原町)にかけて沈下の傾向を示し、最大は南あわじ市 (旧三原町)内において6年間で約5cmであった。

(2)地形・地質の概要

本地域は淡路島の洲本市~南あわじ市 (旧三原町)にかけての平野である。淡路島は主に南半部と北端部に基盤岩が分布し、その他は、鮮新~洪積層の堆積物と一部に洪積層からなる段丘が分布し、沖積平野は狭い。

2.地下水採取の状況

市からの報告によれば、淡路島内における上水道用の地下水採取量は約6.7千m3/日(令和2年度)である。

3.地盤沈下等の状況

国土地理院が昭和45年に国道28号線沿いに実施した一等水準測量によれば、洲本市街地から南あわじ市 (旧三原町)西端にかけての9測点で前回測量時(昭和39年)に比較して沈下が認められ、南あわじ市(旧三原町)東部の水準点028-054を中心とする二、三の地点で最大約6㎝程度の沈下量であった。これ以外に資料はなく、詳細は不明である。

4.被害

特になし

5.対策

関連する対策事業として湛水防除事業が継続して実施されている。

6.詳細情報へのリンク

その他の「詳細情報」を、下記のエクセルファイルからご覧になることができます。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

このページの先頭へ