京都府 京都盆地 地盤沈下情報  

京都府 京都盆地 地盤沈下情報

1.概要

(1)地盤沈下の概要

国土地理院、京都府及び京都市の水準測量によれば、京都市南部及び乙訓地区において、平成10年度ごろまで沈下の傾向が認められたが、平成10年度以降,沈下傾向は沈静化し、回復傾向にある。

(2)地形・地質の概要

大阪平野と同様、第三紀末より引続く造盆地運動によって形成された堆積盆地であり、地形的には市街地の大部分が立地している扇状地、多くの河沿いの沖積低地がある。

2.地下水採取の状況

乙訓地区の総採取量は、平成28年度は約31.7千m3/日であったが、令和2年度は約30.6千m3/日と平成28年度から令和2年度で1.1千m3/日減少している。用途別では、平成28年度では上水道用が約7割、次いで工業用、建築物用であり、令和2年度まで同様の傾向となっている。採取量の経年変化は、5年間で上水道用及び工業用ともに一時的な増減はあるものの、長期的には横這いないし減少傾向にある。

3.地盤沈下等の状況

直近の水準測量調査が行われたのは、京都府が平成16年度、京都市が平成29年度である。双方通じての年間沈下量の最大は0.12㎝で、地盤沈下の観測が開始されてからの累計沈下量の最大は19.4㎝であった。

4.被害

特に被害はない。

5.対策

(1) 監視測定

水準測量は、国土地理院によるほか、京都市においては昭和48年度から昭和59年度までは毎年、昭和60年度から平成6年度までは隔年、以降は平成10年度、平成14年度、平成19年度、平成29年度に実施した。また、京都府においても、昭和52年度以降から平成6年度までは毎年、以降は隔年、平成10年度以降は平成13年度、平成16年度に実施した。

(2) 地下水等の採取規制

乙訓地区の長岡京市、大山崎町及び向日市並びに城陽市においては、それぞれ昭和51年1月、昭和52年10月、平成2年3月及び平成9年4月、「地下水採取の適正化に関する条例」を定め、規制を行っている。その概要は、井戸の新設、掘替えの場合の取水基準を定め、その基準に適合するもののみ許可することとなっている。また、八幡市においては「地下水の採取の届出に関する要綱」を、京田辺市においては「地下水保全要綱」を、精華町においては「精華町地下水保全要綱」を制定している。

(3) 各種用水道事業

乙訓地域では、従来から水道の水源を地下水に依存してきたが、今後の水需要を考慮し、水源として安定した表流水を活用するため、平成4年度から桂川上流の日吉ダムを水源とする京都府営水道の乙訓浄水場建設工事に着手し、平成12年度に供用開始した。

6.詳細情報へのリンク

その他の「詳細情報」を、下記のエクセルファイルからご覧になることができます。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

このページの先頭へ