愛知県 岡崎平野 地盤沈下情報  

愛知県 岡崎平野 地盤沈下情報

1.概要

(1)地盤沈下の概要

国土地理院が昭和47年に実施した国道1号沿いの水準測量では、岡崎市から豊明市に至る測点でかなりの沈下が認められ、5年間で最大約10cmとなった。昭和48年から県が実施している水準測量では、矢作古川流域の一部で緩やかながら沈下が認められ、建築物の破損や排水不良等の被害が発生したが、現在では、沈静化の傾向にある。

(2)地形・地質の概要

本地域は、矢作川及び矢作古川(過去の本川)によって形成された平野であり、その西半分は洪積層からなる台地性丘陵地と台地が分布し、東半分は沖積低地によって占められている。貝化石に富む海域の軟弱層には厚さ15m~30mの沖積層のシルト、粘土層が広く分布している。

2.地下水採取の状況

本地域(9市1町)における地下水揚水量は178千m3/日(令和2年度)で、用途別には工業用39%、水道用39%となっている。 最近は総体的に横這い傾向にある。 (表6)

3.地盤沈下等の状況

国土地理院が昭和42年に実施した国道1号沿いの水準測量では、昭和26年の測量と比較して最大約6.3cm程度の沈下を示した水準点があった。 その後昭和47年の測量では、岡崎市内の矢作橋付近から豊明市に至る測点に沈下が認められ最大値は約10cmで、安城・知立・刈谷の3市の区間で平均6~7cmの沈下となった。 県が昭和48年から実施している水準測量では、岡崎平野の南部地区(西尾市)で1cm~3cm/年程度の沈下が認められている。 昭和50年から令和元年の累積沈下量は、西尾市吉良町で最大約45cmとなっている。(表1)昭和30年代初期には地下水の自噴帯が岡崎市内の矢作川沿いで存在していたが、昭和40年代には完全に消滅した。その後地下水位は急速に低下し、南部地区で10年間に10m程度の水位低下が見られた。その後、緩やかな回復傾向が続いたが、最近の沈下域の地下水位は上下降を繰り返しながら全体として停滞している状況にある。 (表2)

4.被害

西尾市の矢作古川沿いにおいて、地盤沈下によるものと推定される建築物の破損や水田の排水不良等の被害が発生している。なお、この地域は本来地盤が低い地域であり、約23km2のゼロメートル地帯(T.P.±0.0mの地域)がある。(表3)

5.対策

(1) 監視測定

愛知県は水準測量を昭和48年から実施している。また、愛知県及び岡崎市は地盤沈下観測所7ヶ所14井の監視を行っている。(表5)

(2) 地下水等の採取規制

昭和49年4月に愛知県公害防止条例(現、県民の生活環境の保全等に関する条例)を改正し、揚水機の吐出口の断面積が19cm2を超えるものに対し、水量測定器の設置と揚水量の報告を義務付けている。 (表0-2)

(3) 各種用水事業

1.工業用水道

矢作ダムを水源とする西三河工業用水道を衣浦臨海部の工場立地とともに、昭和45年から事業に着手し工事を進め、その後西三河内陸部の産業の発展に伴い給水区域の拡大を行っている。

2.上水道

矢作川及び木曽川を水源とする愛知県水道用水供給事業を実施している。

3.農業用水

農林水産省が矢作川農業水利事業、矢作川第二農業水利事業、矢作川総合農業水利事業及び新矢作川用水農業水利事業を実施した。現在、農林水産省が矢作川総合第二期農地防災事業を実施している。水源はいずれも矢作川水系である。

6.詳細情報へのリンク

その他の「詳細情報」を、下記のエクセルファイルからご覧になることができます。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

このページの先頭へ