静岡県 沼津・三島 地盤沈下情報  

静岡県 沼津・三島 地盤沈下情報

1.概要

(1)地盤沈下の概要

狩野川及び黄瀬川の下流部にあたる平野は、古来地下水の豊富な地区であったが、昭和40年代を中心に地下水揚水量の増加により、地下水位の低下及び地下水の塩水化を招いた。地盤沈下については、平成30年度の静岡県の水準測量では、環境省の公表規準となる年間20mm以上の沈下は見られず、地盤沈下はほとんど認められなかった。

(2)地形・地質の概要

本地域は、愛鷹山から火山及び伊豆半島の第三紀火山岩類を基盤として形成された海岸平野であり、海岸部では最大厚さ120から130m程度の砂、シルト、粘土層と地表部に厚さ20m程度の火山灰、礫層が分布する。なお、黄瀬川の谷間より三島市、さらに沼津市の地下にかけて富士火山の三島熔岩が分布する。地下水は、愛鷹火山噴出岩類と特に三島熔岩中に多量に賦存し被圧されている。

2.地下水採取の状況

本地域の地下水利用量は、令和2年度の黄瀬川地下水利用対策協議会による調査によれば、沼津市、三島市、清水町の2市1町では、184千m3/日となっている。このうち生活用が117千m3/日と全体の63.5%を占め、次いで工業用が58千m3/日の31.5%となっている。

3.地盤沈下等の状況

昭和55年に水準点を設置して以後水準測量を行ってきた。累積沈下量が最も大きい三島市御薗の観測地点では、平成30年度までの調査で累計13.66cmの沈下となっている。

4.被害

地盤沈下による顕著な被害は生じていない。地下水位の状況は、狩野川水系黄瀬川流域においては、近年横ばい状況にあり、狩野川中流域においては回復傾向にある。

5.対策

(1) 監視測定

地盤沈下の状況を把握するため、昭和55年に標石を16ヶ所、さらに平成元年度に3ヶ所、平成4年度には標石を4ヶ所設置し、すでに国土地理院で設置してある14基の水準点と併せて一等水準測量を2から4年毎に実施している。地下水位の観測井は、当地域内に12井ある。 ほかに塩水化調査として、民間の事業場の揚水井や地下水位観測井合わせて14ヶ所から年2回採水し、塩素イオン濃度を測定している。

(2) 地下水等の採取規制

黄瀬川地域地下水利用対策協議会により、地下水利用の削減、合理化の推進を図っており、特に新設井に対しては吐出口断面積及びストレーナー位置に係る基準を設けて自主規制を行っている。

(3)各種用水事業

黄瀬川地域を対象とする柿田川工業用水道が日量100千m3の給水を行っている。(令和元年)

6.詳細情報へのリンク

その他の「詳細情報」を、下記のエクセルファイルからご覧になることができます。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

このページの先頭へ