水・土壌・地盤・海洋環境の保全

窒素・りん自動計測器による水質汚濁負荷量測定方法マニュアル(改訂版)

目次

  1. 総量規制制度における窒素及びりんの汚濁負荷量の測定方法
    • 1.1 総量規制制度における全窒素・全りん自動計測器
    • 1.2 自動計測器の最大目盛値
    • 1.3 自動計測器の計測原理と性能基準
    • 1.4 使用過程における管理基準
    • 1.5 自動計測器の計測値の取扱い
    • 1.6 薬品等の適正な管理
  2. 試料採取装置
    • 2.1 試料採取装置の構成例
    • 2.2 試料採取装置の設置場所
    • 2.3 維持管理
    • 2.4 故障対策
  3. 全窒素自動計測器
    • 3.1 自動計測器の最大目盛値
    • 3.2 性能基準と管理基準等
    • 3.3 性能基準試験及び管理基準試験等
    • 3.4 全窒素自動計測器の概要
    • 3.5 全窒素指定計測法
  4. 全りん自動計測器
    • 4.1 自動計測器の最大目盛値
    • 4.2 性能基準と管理基準等
    • 4.3 性能基準試験及び管理基準試験等
    • 4.4 全りん自動計測器の概要
    • 4.5 全りん指定計測法
  5. コンポジットサンプラー
    • 5.1 原理・種類
    • 5.2 構成
    • 5.3 仕様
    • 5.4 維持管理
    • 5.5 故障対策
  6. 流量計
    • 6.1 せき式排水流量計・フリューム式排水流量
    • 6.2 流速水位式排水流量計
    • 6.3 電磁式排水流量計
    • 6.4 差圧式排水流量計
    • 6.5 面積式排水流量計
    • 6.6 超音波式排水流量計
    • 6.7 渦式排水流量計
    • 6.8 羽根車式排水流量計
    • 6.9 傾斜板式排水流量計
    • 6.10 回転球式排水流量計
    • 6.11 参考
  7. 汚濁負荷量演算器
    • 7.1 動作原理
    • 7.2 構成
    • 7.3 仕様
    • 7.4 維持管理
    • 7.5 故障対策

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ