本文へジャンプ

環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット
 > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海とわたしたち
 > chapter3 > 藻場と干潟 > 藻場造成の例 −関西国際空港−

ここから本文
藻場と干潟

藻場造成の例 −関西国際空港−

 瀬戸内海近辺での藻場造成としては、関西国際空港での事例が挙げられます。関西国際空港は、大阪湾の沖合に造られた人工島の上に建設されました。

大阪湾地図(関西国際空港周辺)

 関西国際空港のある人工島では、藻場を造成するために人工島の護岸をなだらかに石を積み上げた形状にしました。そして、その一部に平らな段を付けました。斜面をなだらかにすることで、多くの種類の海藻や動物が住めるようになります。

関西国際空港人工島断面図

 そして、その斜面に、カジメ、クロメという海藻を移植しました。移植は、コンクリートのブロックに接着剤を使って海藻を付けて海に沈める方法や、陸上の水槽で海藻の胞子(種)を育て、そこから発芽した海藻をロープなどに付けたものを岩やコンクリートブロックに付ける方法で行いました。


 これらの方法で藻場造成を行ったところ、造成した藻場は年々拡大し、そこには様々な海藻や魚など多くの生物が生息するようになりました。

写真:造成した藻場写真:造成した藻場に生息するナマコ類・アワビ類