本文へジャンプ

環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット
 > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海とわたしたち
 > chapter3 > 藻場と干潟 > 「藻場造成」、「人工干潟」

ここから本文
藻場と干潟

「藻場造成」、「人工干潟」

 これまで説明したように、海水を浄化する機能も持つ藻場や干潟は、海の生態系において大変重要な役割を果たしています。藻場はサザエ、アワビ等の好漁場となり、干潟は潮干狩りを楽しむ場所として、人々にも海の幸をもたらしてくれます。

 瀬戸内海に数多く存在していた藻場や干潟は、護岸整備・港湾整備・臨海工業用地造成・リゾート用地造成といった海岸整備、埋立てにより以前と比べてずいぶん減ってしまっています。藻場や干潟は、海岸近くの浅い海域に広がることが多いため、埋立ての対象域になることが多いのです。瀬戸内海における藻場消失原因の約半数が、埋立て等の人為的原因によるものという調査結果もあります。

 このように、藻場や干潟が年々減少していく中で、人の力で藻場や干潟を創り出そうという動きがあります。それらが、これから説明する『藻場造成』や『人工干潟』です。

前のページ次のページ