本文へジャンプ

環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット
 > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海とわたしたち
 > chapter3 > 藻場と干潟 > ガラモ場、カジメ場で見られる生物

ここから本文
藻場と干潟

ガラモ場、カジメ場で見られる生物

ガラモ場、アラメ場、カジメ場のイメージ図

ガラモ場、アラメ場、カジメ場のイメージ


 ガラモ場、アラメ場でも多くの魚が見られます。

 メバルの生まれたばかりの稚魚は海面を漂い、成長とともに藻場の中で暮らすようになります。その後、群れで藻場内の中層を泳ぎながら生活し、動物プランクトンやエビ類、ワレカラ類、ヨコエビ類を餌としています。

 アイナメやクジメは、普段は付近の海底でじっとしており、餌を食べるときは葉上のワレカラ類、ヨコエビ類を海藻ごとかぶりつきます。

 クロダイ、ウミタナゴ、メジナ、クサフグ等は餌を食べるために藻場へやって来ます。

 ギンポ、キヌバリ、チャガラは藻場が広がる岩礁域のくぼみや穴に産卵します。

 海底には、ムラサキウニやバフンウニ、サザエ、アワビが見られます。これらの生物は海藻そのものを餌としています。

 以上藻場で見られる生物のほんの一部をご紹介しました。実際には、もっとたくさんの生物を見ることができるでしょう 。


前のページ次のページ