本文へジャンプ

環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット
 > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海とわたしたち
 > chapter3 > 藻場と干潟 > 藻場は海のレストラン

ここから本文
藻場と干潟

藻場は海のレストラン

写真:ワレカラ類
ワレカラ類

写真:ヨコエビ類
ヨコエビ類

 藻場には、たくさんの海藻が生えていますが、それらを直接食べている魚は、メジナ類、ブダイ類、アイゴ類等意外と少ないのです。魚が海藻を食べているように見えるのは、実は葉上の生物をついばんでいることが多いのです。

 海藻の葉上には小型の甲殻類であるワレカラ類、ヨコエビ類などの多くの生物が生息しています。これらの葉上生物は、海藻に付着した微小な藻類や、プランクトンや海藻の死骸や破片を食べています。そしてこれらの豊富な葉上生物を魚類が餌として食べているのです。

 そのほか、海藻は、アワビ、サザエ、ウニの好餌料として重要です。さらに、枯れた後も微生物によって分解されて小さな破片となり、生物のよい餌となります。


前のページ次のページ