本文へジャンプ

環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット
 > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海とわたしたち
 > chapter3 > 藻場と干潟 > 藻場とは?

ここから本文

藻場と干潟

藻場とは?

 藻場とは、海藻が茂る場所のことです。

 藻場は、その構成種から見て、「アマモ場」(アマモの仲間から構成される)、「ガラモ場」(ホンダワラの仲間から構成される)、「アラメ場」(アラメから構成される)、「カジメ場」(カジメから構成される)、「コンブ場」、「ワカメ場」等にタイプ分けされます。

 アマモ場は、主として内湾や入り江の波の静かな平坦な砂泥底に、ガラモ場やアラメ場、カジメ場は岩礁域に形成されます。また、ガラモ場、アラメ場、カジメ場は、水深によって分布が分かれていることがあります。これは、波や光量に関係しており、ガラモ場、アラメ場は比較的浅い場所に、カジメ場は比較的深い場所に分布しているようです。 瀬戸内海で多く見られる藻場の種類は、アマモ場、ガラモ場、カジメ場のようです。

アマモ場
アマモ場

ガラモ場
ガラモ場

カジメ場
カジメ場

前のページ次のページ