本文へジャンプ

環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット
 > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海とわたしたち
 > chapter3 > 藻場と干潟 > 干潟は海のレストラン

ここから本文
藻場と干潟

干潟は海のレストラン

図:干潟の食物連鎖

干潟の食物連鎖

 前述したように干潟の多くは、河口付近に広がり、そして1日2回の潮汐の干満があります。

 そのおかげで陸上からは河川によって栄養塩や有機物が、海からは潮汐によってプランクトンが供給されます。つまり干潟には、陸と海から定期的に栄養が届くのです。

 栄養塩は付着藻類や植物プランクトンの餌となり、有機物はバクテリアの餌になります。豊富な栄養で増殖した付着藻類や植物プランクトン、バクテリアは、動物プランクトン、ゴカイ類、二枚貝等多くの底生性小動物の良い餌となります。そして小動物は、魚や鳥の餌となるのです。

 このように、干潟は餌を生み出し、生物の餌場として重要な役割を果たしています。

 

前のページ次のページ