本文へジャンプ

環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット
 > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海とわたしたち
 > chapter2 > 瀬戸内海の環境はいま > 守りたい美しい景色

ここから本文

瀬戸内海の環境はいま

守りたい美しい景色

写真:瀬戸内海地域独特の段々畑
瀬戸内海地域独特の段々畑(中国新聞社提供)

イラスト:解説の女性

 瀬戸内海の景観の特色として、多くの島々と白い砂浜などの自然の美しさ、人々の生活や歴史を感じさせる漁港、段々畑や歴史的な町並みなどがあります。
 しかし海と一体となってすぐれた景色を作ってきた自然海岸は、これまでの開発に伴い少しずつなくなってきています。昭和53年から平成5年の15年間に、自然海岸は、約160kmが、半自然海岸は約45kmがそれぞれ失われました。
 また、歴史的町並みも、高度成長期による工業化、画一的な町並み作りなどによって減少しています。
 特にこうした景色を支える多くの島々では、急速な過疎化・高齢化が進み、これまで長い時間をかけて作りあげられてきた文化の継承が危ぶまれています。また、一部の島では、ごみの不法投棄などが大きな問題となっています。
弓削島位置図
写真:昭和30年代の弓削島の浜都湾
昭和30年代の弓削島の浜都湾(竹林写真館提供)
写真:現在の浜都湾
現在の浜都湾(中国新聞社提供)
■用語:
意味
■自然海岸:
海岸(汀線)が人の手によって改変されないで自然の状態を保持している海岸
■半自然海岸:
道路、護岸、コンクリートブロック等の人工構造物で海岸(汀線)の一部に人の手が加えられているが、潮間帯においては自然の状態を保持している海岸
■人工海岸:
道路、護岸等の人工構造物により改変されている海岸