本文へジャンプ

環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット
 > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海とわたしたち
 > chapter2 > 瀬戸内海とわたしたちの生活

ここから本文
写真:マイワシの漁風景
マイワシの漁風景
 瀬戸内海地域は、生活、生産、交通、いこいの場として重要な地域です。
瀬戸内海とわたしたちの生活
瀬戸内海3橋のルート位置図
家島本島 宮浦の泊
写真:宮浦の泊
イラスト:解説の女性

●地域の人口

 瀬戸内海地域の人口は、およそ3,000万人で、今もゆるやかに増加しています。沿岸域には、特に人口が集中しています。

●海上交通

 古くから海上交通の大切な路で、沿岸には多くの港があります。

●港で取り扱う貨物

 多くの港が取り扱う貨物の量は、全国貨物量の約5割を占めています。その量は年間16億トンに達しています。

●三橋時代

 瀬戸内海では、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋(昭和63年4月)、明石海峡大橋(平成10年4月)、しまなみ海道(平成11年5月)の3本のルートがあります。橋がかかったことによって、本州と四国は簡単に行ったり来たり出来るようになりました。

瀬戸内海3橋のルート図