本文へジャンプ

環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット
 > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海とわたしたち
 > chapter1 > 瀬戸内海

ここから本文
瀬戸内海
瀬戸内海衛星画像
人工衛星から見た瀬戸内海
イラスト:解説の女性

これは、宇宙から見た瀬戸内海。山と森、川、町の大きさがよく分かりますか? 瀬戸内海は、本州と四国、九州にはさまれ水路のようになっています。この周辺に何と3,000万の人々が住んでいます。
 2万年前の氷河期には、海面が今より130mくらい低くて、瀬戸内海は陸地でした。備讃瀬戸あたりを境に、大きな川が東と西に流れ、紀伊水道と豊後水道を抜けて太平洋に注いでいたともいわれています。

 そのころ日本と大陸は陸続きで、マンモスなどの動物が大陸から渡ってきていました。それからしだいに気候が温暖となり、氷河が解けて海水面が上がり、1万年前に、ほぼ今の瀬戸内海が出来上がりました。

瀬戸内海後氷期と現在の比較図、クリックするとページの先頭に戻ります
後氷期と現在の比較

地図の上にマウスをのせると現在の瀬戸内海になります!!