1. ホーム
  2. C-1. レジ袋に係る調査(平成27年度)
  3. 2.都道府県の取組状況
  4. 3.都道府県が直接・間接に関与する事業者の取組状況
コラム
C-1.レジ袋に係る調査(平成27年度)

2.都道府県の取組状況

3.都道府県が直接・間接に関与する事業者の取組状況

対象とする事業者の取組の範囲

本調査では、地方自治体が直接的又は間接的に関与して、市民団体、事業者、地方自治体による“地域の協働と連携”で実施されるレジ袋削減の取組を調査対象とし、事業者単独の取組は調査の対象外とした。

[都道府県が直接・間接に関与する事業者の取組状況の要旨]

  • 「レジ袋全廃」については、「実施済みで、将来も実施の見込み」の割合(実施・継続率)は約1割となっている。
  • 「レジ袋有料化」の実施・継続率は約8割となっている。
  • 「特典提供方式」の実施・継続率は4割弱となっている。
  • その他の取組としては「マイバッグの無料配布、無料貸出、マイバッグ持参の呼びかけ等」及び「レジ袋の要・不要の声掛け」は、実施・継続率が約8割となっている。
  • 「レジ袋無料配布枚数の自主的制限」については実施・継続率が約1割、「レジ袋の小型化・薄肉化」は3割にとどまっている。
(1)

レジ袋全廃の取組について

■今年度の特徴
「実施済みで、将来も実施の見込み」が約1割となっている。「未実施で、将来も実施・検討の予定なし」が7割強、「過去実施(現在は未実施)で、将来も実施予定なし」が1件となっている。

■トレンド
「未実施で、将来も実施・検討の予定なし」が多い傾向に変わりはない。。

>> 詳細を見る[PDF 65KB]
(2)

レジ袋有料化の取組について

■今年度の特徴
「実施済みで、将来も実施の見込み」が約8割となっている。

■トレンド
「実施済みで、将来も実施の見込み」が約8割を占め、ほぼ横ばいで推移している。

>> 詳細を見る[PDF 65KB]
(3)

特典提供方式について

■今年度の特徴
「実施済みで、将来も実施の見込み」が4割弱となっている。一方で、「未実施で、将来も実施・検討の予定なし」が3割強、「過去実施(現在は未実施)で、将来も実施予定なし」が1割5分となっている。

■トレンド
「実施済みで、将来も実施の見込み」が微増したものの、「未実施で、将来も実施・検討の予定なし」と、「過去実施(現在は未実施)で、将来も実施予定なし」を合わせると5割弱と、割合の約半数を占める。

>> 詳細を見る[PDF 77KB]
(4)

事業者によるマイバッグの無料配布、無料貸出、マイバッグ持参の呼び掛け等について

■今年度の特徴
「実施済みで、将来も実施の見込み」が約8割を占めている。

■トレンド
「実施済みで、将来も実施の見込み」が、高い水準で安定的に推移している。

>> 詳細を見る[PDF 65KB]
(5)

事業者によるレジ袋の要・不要の声掛けについて

■今年度の特徴
「実施済みで、将来も実施の見込み」が8割強を占めている。

■トレンド
「実施済みで、将来も実施の見込み」が高い水準で推移している。

>> 詳細を見る[PDF 63KB]
(6)

事業者によるレジ袋無料配布枚数の自主的制限について

■今年度の特徴
「実施済みで、将来も実施の見込み」は約1割となっている。一方で、「未実施で、将来も実施・検討の予定なし」が3割強、「過去実施(現在は未実施)で、将来も実施予定なし」が約1割となっている。

■トレンド
「未実施で、将来も実施・検討の予定なし」、「過去実施(現在は未実施)で、将来も実施予定なし」で全体の約4割を占めている。

>> 詳細を見る[PDF 66KB]
(7)

事業者によるレジ袋の小型化・薄肉化について

■今年度の特徴
「実施済みで、将来も実施の見込み」が3割となっている。一方で、「未実施で、将来も実施・検討の予定なし」が2割強、「過去実施(現在は未実施)で、将来も実施予定なし」が約1割となっている。

■トレンド
「実施済みで、将来も実施の見込み」は安定的に推移しているが、実施予定のない自治体の割合もほぼ横ばいで推移している。

>> 詳細を見る[PDF 66KB]
(8)

事業者によるその他取組について

■今年度の特徴
その他の取組として、簡易包装の励行、レジ袋のリサイクル・二度利用の推進、不要梱包材の利用のほか、レジ袋辞退率を競うコンテストの開催なども行われている。

>> 詳細を見る[PDF 78KB]

このページのトップへ


コラム

bar