(別紙2)

高濃度ダイオキシン類汚染物分解処理技術マニュアル検討経過

平成10年
12月1日
高濃度ダイオキシン類分解処理技術検討会(第1回)
・処理技術の選定要件、募集方法について検討
12月2日〜15日 分解処理技術の公募
・応募者数 53
・提案技術の数 69
12月22日 高濃度ダイオキシン類分解処理技術検討会(第2回)
・応募のあった処理技術の検討
平成11年
1月5日
高濃度ダイオキシン類分解処理技術検討会(第3回)
・処理技術のヒアリング
3月16日まで 実証試験実施技術の選定
・6社(うち2社は共同提案)7種類の技術を選定
3月18日〜 試料の引き渡し、実証試験の実施
8月31日 高濃度ダイオキシン類分解処理技術検討会(第4回)
・実証試験結果のヒアリング
9月30日 高濃度ダイオキシン類分解処理技術検討会(第5回)
・実証試験結果の評価
・マニュアルの検討
11月17日 高濃度ダイオキシン類分解処理技術検討会(第6回)
・マニュアルの検討