環境省 浄化槽サイト J 浄化槽ニュース O 浄化槽を知る H 浄化槽アニメ K 整備効果事例 A 環境保全活動 S 浄化槽ライフ o 浄化槽データ U 浄化槽イベント 浄化槽トップ
浄化槽に関わる最新ニュースをお届けします 浄化槽の秘密 リンク集
環境省 > 廃棄物・リサイクル対策 > 浄化槽サイト > 浄化槽ニュース > 単独処理処理浄化槽実態把握調査の実施について

単独処理処理浄化槽実態把握調査の実施について

平成21年度単独処理浄化槽実態把握調査のご協力のお願い

 単独処理浄化槽はし尿のみを処理し、お風呂や台所からの生活雑排水を処理せず放流するため、周囲の水環境に大きな負荷を与えています。

単独処理浄化槽 と合併浄化槽の比較

 このため、環境省では平成12年に浄化槽法の改正により、単独処理浄化槽の新規設置を原則禁止し、合併処理浄化槽への転換を推進してまいりましたが、現在でも全国で約560万基の単独処理浄化槽が使用されている現状にあります。
 そこで、環境省では、単独処理浄化槽から合併処理浄化槽への転換をより効率的かつ効果的に進めるため、単独処理浄化槽の実態把握調査を実施しています。
 対象地域の皆様にはお手数をおかけしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

実施期間:
平成21年11月上旬〜平成22年3月中旬まで(終了しました)
調査を実施する9道府県:詳細は下記をクリック下さい。
 ・北海道  ・福島県  ・千葉県  ・富山県  ・愛知県
 ・大阪府  ・徳島県  ・島根県  ・福岡県
内容:
戸別訪問によるし尿処理方法の確認及びアンケート調査
(戸別訪問に要する時間は10〜20分程度)