浄化槽イベント

浄化槽関連のイベント活動を
紹介します。

トイレの先のじょうかそう(浄化槽)ってなあに?~微生物がはたらく水の再生工場~ H26.9.28

 平成26年7月2日から10月5日に開催された日本科学未来館主催の企画展「トイレ行っトイレ!~ボクらのうんちと地球のみらい」において、環境省では「トイレの先の浄化槽(じょうかそう)ってなあに?~微生物がはたらく水の再生工場~」を関連イベントとして開催し、浄化槽に関するPRを行いました。
本イベントでは、浄化槽についてのパネル展示、浄化槽カットモデルの展示や顕微鏡を用いた微生物観察を行いました。600名以上の方々が来場し、浄化槽が水環境保全に果たす役割について理解を深めていただきました。
本イベントの開催状況を以下に紹介させていただきます。


「トイレの先のじょうかそう(浄化槽)ってなあに? ~微生物がはたらく水の再生工場~」

「トイレの先のじょうかそう(浄化槽)ってなあに?
~微生物がはたらく水の再生工場~」

開催概要

日時
平成26年 9月28日(日)10:00~17:00
会場
日本科学未来館 7F会議室3
主催
環境省
協力
浄化槽の日実行委員会、日本科学未来館
来場者数
661名

企画展内容

企画展内容

□浄化槽についてのパネル展示・クイズ
 浄化槽の仕組みや水環境保全のための役割について理解を深めていただくために、イラスト、写真等を活用したパネル展示を行いました。

(イラスト)浄化槽ってどんなもの

(イラスト)汚れた水は浄化槽できれい

「企画展」会場写真(1)

□浄化槽カットモデルの展示
 現在の合併処理浄化槽の構造について理解を深めていただくために、原寸大モデルを展示しました。
通常、浄化槽は地中に埋設されているものであり、実物を見る機会はなかなかないため、多くの方が興味を持って見ていました。

「企画展」会場写真(2)

□顕微鏡を用いた微生物観察
 浄化槽の浄化機能の中心的役割を果たす生物処理の仕組みについて理解を深めていただくため、実際の浄化槽から採取した微生物を顕微鏡で観察していただきました。

「企画展」会場写真(3) 写真(微生物)

□「見つめて!私たちの水辺」の上映
 生活環境の保全及び公衆衛生の向上の重要性について理解を深めていただくために、生活排水を処理する浄化槽の仕組みやはたらき等について学べる「見つめて!私たちの水辺」を上映し、たくさんの方に浄化槽が生活環境の保全等において重要な役割を担っていることをご理解していただけたと思います。