浄化槽イベント

浄化槽関連のイベント活動を
紹介します。

「浄化槽フォーラム in びわ湖」H23.10.16

 「浄化槽フォーラム in びわ湖」が滋賀県近江八幡市にて開催されました。

 「浄化槽フォーラム」は、浄化槽の普及促進を通じて水に関する環境保全を図るとともに、NPO等関係者の全国的なネットワーク作りにより保全活動をより活性化させることを目的として平成19年5月に設立されました。
今回の「浄化槽フォーラム in びわ湖」では、講演やパネルディスカッション、意見交換に加え、東日本大震災に関しての、浄化槽についての報告や展示も行われました。

 以下に、環境省と浄化槽フォーラムの共催で実施された平成23年10月16日「浄化槽フォーラム in びわ湖」について概要と会場の様子等をご紹介します。


浄化槽フォーラム in びわ湖

浄化槽フォーラム in びわ湖

開催概要

日時
平成23年10月16日(日)13:30~18:00
会場
休暇村近江八幡西館ホール
主催
環境省、浄化槽フォーラム
協力
滋賀県、近江八幡市、彦根市、甲賀市、財団法人日本環境整備教育センター、NPO法人菜の花プロジェクトネットワーク、社団法人浄化槽システム協会、社団法人滋賀県生活環境事業協会、滋賀県環境整備事業協同組合、他
参加者数
151名

プログラム

プログラム

□冒頭挨拶(13:30~)

浄化槽フォーラム代表理事 北尾高嶺
(豊橋技術科学大学名誉教授)

□来賓祝辞(13:35~)

滋賀県知事  嘉田由紀子
近江八幡市副市長 津村孝司

□講演・報告(13:50~)

基調講演  須藤隆一
(東北大学大学院工学研究科客員教授、特定非営利活動法人環境生態工学研究所理事長)

「浄化槽フォーラム in びわ湖」会場写真(1)

『水環境保全とさらなる浄化槽の普及に向けて -よい子が元気で遊べる水辺を-』 [PDF:756KB]
水環境保全と今後の取り組み・汚水処理の考え方・小規模分散型施設(浄化槽)の特徴・浄化槽のさらなる普及に向けての4点について講演、質疑応答。

東日本大震災被災状況報告他  藤塚哲朗
(環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部廃棄物対策課浄化槽推進室長)

岩手・宮城・福島の被災3県の浄化槽の被災状況の調査報告と浄化槽被害の特徴、世界のトイレについてのプレゼンテーション。

□パネルディスカッション&意見交換会(15:30~)

コーディネーター 竺文彦(龍谷大学理工学部教授)
パネリスト 近江八幡市、彦根市、甲賀市

パネリスト3市から浄化槽に関わる業務の実態と各市の状況報告。
行政の震災時計画と浄化槽の普及・推進の課題等についてパネルディスカッションを行った後、傍聴者を交えて質疑応答と意見交換。
「浄化槽フォーラム in びわ湖」会場写真(2)

□閉会(18:00)

◇屋内外展示・イベント

「浄化槽フォーラム in びわ湖」会場写真(3)
東日本大震災復旧支援活動記録写真の展示

「浄化槽フォーラム in びわ湖」会場写真(4)
東日本大震災における浄化槽の被災状況の展示

「浄化槽フォーラム in びわ湖」会場写真(5)
パック(凝集沈殿)テスト

「浄化槽フォーラム in びわ湖」会場写真(6)
プランクトン顕微鏡観察

「浄化槽フォーラム in びわ湖」会場写真(7)

「浄化槽フォーラム in びわ湖」会場写真(8)

会場付設の合併処理浄化槽を利用した金魚すくい

「浄化槽フォーラム in びわ湖」会場写真(9)
風船細工等のこども向けイベント

「浄化槽フォーラム in びわ湖」会場写真(10)
浄化槽模型の展示

「浄化槽フォーラム in びわ湖」会場写真(11)
浄化槽メーカーによる浄化槽のモデル展示