環境再生・資源循環

産業廃棄物に含まれる金属等の検定方法(昭和48年2月環境庁告示第13号)の一部を改正する告示の修正について

産業廃棄物に含まれる金属等の検定方法(昭和48年2月環境庁告示第13号)の一部を改正する告示が令和元年10月7日に公布され、12月1日に施行となるところですが、近日中に当該告示を修正する予定ですので、お知らせします。

なお、この修正は、検定の結果に影響を与えるものではありません。

・修正について

 「産業廃棄物に含まれる金属等の検定方法」(昭和48年2月環境庁告示第13号)については、令和元年10月7日に「産業廃棄物に含まれる金属等の検定方法(昭和48年2月環境庁告示第13号)の一部を改正する告示」を公布し、同年12月1日に施行となるところですが、文言等の誤りがありましたので、次の通り修正する予定です。 

なお、この修正は、検定の結果に影響を与えるものではありません。

該当箇所 修正後 修正前
冒頭

昭和四十八年二月環境告示

昭和四十八年二月環境告示

別表第一

(一)試薬

ホ 六価クロム標準原液

この溶液一ミリリットルは六価クロムマイクログラムを含む

この溶液一ミリリットルは六価クロムマイクログラムを含む

別表第一

(二)器具及び装置

光電光度計又は光電分光光度計

イ 光電光度計又は光電分光光度計

別表第一

(三)試験操作

イ 検液の発色及び測定

水酸化ナトリウム溶液(四十グラム毎リットル)

水酸化ナトリウム(四十グラム毎リットル)

別表第一

(三)試験操作

イ 検液の発色及び測定

ビーカーの溶液を全量フラスコ五十ミリリットル(A)に移し入れ、液温を十五度に保ち、

ビーカーの溶液を全量フラスコ五十ミリリットル(A)に移し入れ、

ジフェニルカルバジド溶液ミリリットル

ジフェニルカルバジド溶液二ミリリットル

別表第一

(三)試験操作

イ 検液の発色及び測定 (ニ)

(イ)から(ハ)まで

(イ)~(ハ)

別表第六

(三)試験操作

イ ヘキサン抽出

(イ) 有機性の汚泥にあっては・・・(中略)

ヘキサン十ミリリットルを加え、

(イ)  有機性の汚泥にあっては・・・(中略)

ヘキサン十ミリリットルを加え、

(イ)(中略)無機性の汚泥にあっては・・・(中略)

ヘキサン十ミリリットルを加え、

(イ) (中略)無機性の汚泥にあっては・・・(中略)

ヘキサン十ミリリットルを加え、

別表第六

(三)試験操作

ロ 水による逆

ロ 水による逆

また、令和元年10月7日に報道発表したページは以下の通りです。

https://www.env.go.jp/press/107250.html

環境省環境再生・資源循環局

廃棄物規制課

代表   03-3581-3351

直通   03-5501-3156

課長   成田浩司(内線 6871)

課長補佐 尾原裕昌(内線 7859)

担当   稲積良彦(内線 6878)

ページ先頭へ