報道発表資料

平成20年7月11日
自然環境
この記事を印刷

国内希少野生動植物種の追加等及び国指定鳥獣保護区等の指定に関する中央環境審議会答申について(お知らせ)

平成20年7月11日(金)10時00分から開催された中央環境審議会野生生物部会において、環境大臣が諮問した「国内希少野生動植物種の追加等について」及び「国指定鳥獣保護区等の指定について」が審議され、これを受けて、同日、中央環境審議会会長から環境大臣に対して、諮問のとおりとして差し支えない旨答申がなされたので、お知らせします。
  1. 絶滅のおそれのある野生動植物種の種の保全に関する法律(平成4年法律第75号)に基づき、以下の国内希少野生動植物種の追加等を行うものです。
     本答申を踏まえ、絶滅のおそれのある野生動植物種の種の保存に関する法律施行令(政令第17号)の改正を行うこととしています。
    • 国内希少野生動植物種に追加する種
      オガサワラハンミョウなど9種
    • 国内希少野生動植物種から削除する種
      ルリカケス
    • 特定国内希少野生動植物種に追加する種
      オキナワセッコク
    • 希少野生動植物種の表記の変更
      ワシミミズクの学名など2件
       (別添1参照)
  2.  「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号)」に基づき、以下の鳥獣保護区等の指定を行うものです。
     これらの鳥獣保護区の指定については、本年8月より施行され、我が国の国指定鳥獣保護区は計68箇所になります。
    • 国指定化女沼鳥獣保護区及び同化女沼特別保護地区の新規指定
    • 国指定西之島鳥獣保護区及び同西之島特別保護地区の新規指定
    • 国指定瓢湖鳥獣保護区瓢湖特別保護地区の区域の拡張
       (別添2参照)
  3. 上記諮問のほか、野生生物保護行政に係る最近の動きについて報告された

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課中央環境審議会野生生物部会事務局
03-3581-3351(代表)
03-5521-8282(直通) 
課長:星野 一昭 (6461)
補佐:須藤 伸一(6465)
係長:赤石 唯(6467)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ