報道発表資料

平成20年6月27日
保健対策
この記事を印刷

「身近な野生生物の観察」参加団体の募集について(お知らせ)

 環境省では、「身近な野生生物の観察」に参加する団体を募集します。
 この観察調査は、ExTEND2005(化学物質の内分泌かく乱作用に関する環境省の対応方針)に基づいて行うものです。
 詳しくは、「環境省こどものページ 身近な生き物を観察してみよう!」(http://www.env.go.jp/kids/kansatsu)をご覧ください。

1.概要

 環境省では、化学物質の内分泌かく乱作用(いわゆる環境ホルモン作用)に関する環境省の対応方針として、平成17年度から、ExTEND2005に基づき、総合的な化学物質対策の中で、内分泌かく乱作用についての調査研究を進めております。その取組の一つである「野生生物の観察」について、身近な野生生物の観察調査をしていただける団体を募集します。

2.応募資格

 普段から野生生物の観察を行っている団体で、平成20年夏から11月までの期間、3回以上野生生物の観察を行うことができる団体が対象となります。

※観察結果は、報告書原稿、レポート用紙、アンケートを一緒に提出していただきます。
※応募が多数の場合は25団体(予定)を上限とさせていただきます。

3.参加特典

(1)
観察した結果を専門の先生方に見ていただき、アドバイスしてもらうことができます。
(2)
観察した結果がまとめられ報告書になって配布されます。
(3)
内容が優れていた団体(10団体程度を予定)を来年3月頃に開催される観察報告会(東京を予定)に御招待いたします。
また、報告会終了後、独立行政法人国立環境研究所の関連施設(予定)の見学会に御招待いたします。

4.応募方法

 応募用紙を下記応募先までメールまたはFAXでお送り下さい。(締切以降の応募を受け付けることはしませんので御注意下さい。)
 応募用紙はホームページ(http://www.env.go.jp/kids/kansatsu)よりダウンロードで きます。
 観察調査の詳細につきましては、締切後、事務局より御連絡いたします。

応募先:
〒106-0041 東京都港区麻布台1−11−9−2F
(財)日本環境協会 「野生生物の観察」係
TEL 03-5114-1251 FAX 03-5114-1250
メール:yasei@japan.email.ne.jp
応募締切:
平成20年7月16日(水)必着

応募上の注意

今年度の参加団体数の上限は25団体(予定)となります。ご参加希望の内容を審査の上、参加団体を決定いたします。応募していただいても、御参加いただけない場合がありますので御了承下さい。
参加する25団体(予定)には7月中〜下旬頃、「野生生物の観察」係より御連絡いたします。
参加団体は、7月下旬(予定)に代表者が観察準備会に御参加いただき、その後事前計画を提出の上、11月までに観察調査を実施し(3回)、11月末に報告書原稿、レポート用紙、アンケート等を提出していただく予定です。
連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8261
課長 木村 博承(内6350)
係長 阿部奈緒子(内6352)

ページ先頭へ