報道発表資料

平成20年6月16日
保健対策
この記事を印刷

「熱中症環境保健マニュアル」の改訂について(お知らせ)

 環境省では、熱中症の正しい知識を知っていただき、熱中症に対する適切な予防及び処置に役立てていただくため、最新の知見を踏まえた「熱中症環境保健マニュアル」を作成しています。
 今般、最新の情報を踏まえて更新した「熱中症環境保健マニュアル2008」を作成しましたので、お知らせします。
   マニュアルは環境省のホームページ上に公開しており、ダウンロードして御利用いただけます。

1.概要

 近年、ヒートアイランド現象や地球温暖化の影響により、私たちを取り巻く環境において、熱によるストレスは増大しています。また、平成19年の夏は日本の最高気温を更新する猛暑が記録されました。これらに伴い、従来は高温環境下での労働や運動活動で発生していた熱中症が、日常生活においても発生しやすくなっており、症状が重くなると生命へ危険が及ぶこともあります。
 環境省では、広く一般の方々に熱中症について正しい知識を知っていただき、熱中症に対する適切な予防及び処置に役立てていただくため、最新の知見を踏まえた「熱中症環境保健マニュアル」を作成しています。
 同マニュアルはまた、保健師等の保健指導者の方々が地域住民に対し保健活動を行う際のマニュアルとして活用していただくことを目的としています。
 今般、最新の情報を踏まえて更新した「熱中症環境保健マニュアル2008」を作成しましたので、お知らせします。

2.マニュアルの入手方法

 本マニュアルの電子媒体(PDF版)は、平成20 年6月16日(月)から環境省のホームページ上に公開しておりますので、ダウンロードして御利用下さい。
 http://www.env.go.jp/chemi/heat_stroke/index.html

 マニュアルの冊子を御希望の方は、お電話にてお問い合わせ下さい。先着順にて無料配布しておりますが、部数に限りがあることを御承知おき下さい。

(参考)熱中症環境保健マニュアル2008 目次

I.熱中症とは何か
  1. 熱中症とは何か
  2. 熱中症はどのようにして起こるのか
  3. 熱中症による死亡と気象条件

II.熱中症になったときには
  1. どんな症状があるのか
  2. どういうときに熱中症を疑うか
  3. 熱中症を疑ったときには何をするべきか
  4. 医療機関に搬送するとき
III.熱中症を防ぐためには
  1. 日常生活での注意事項
  2. 日常生活で起こる熱中症
  3. 運動時の注意事項
  4. 高温環境下での労働

IV.保健指導のあり方
V.もっと知りたい時には
  1. WBGT(暑さ指数):熱中症予防のための指標
  2. 熱中症情報
VI.熱中症に対する総合対策の枠組み
  1. 熱中症対策の推進
  2. 熱中症対策関連情報の充実
参考文献
連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課
直通 03-5521-8261
代表 03-3581-3351
課長 木村 博承(内6350)
専門官 長谷川 学(内6343)
係長 阿部奈緒子(内6352)

関連情報

関連Webページ

ページ先頭へ