報道発表資料

平成20年6月13日
大気環境
この記事を印刷

皇居・皇居外苑のクールアイランド効果の観測結果について(お知らせ)

 平成19年の夏、皇居外苑とその周辺市街地で気温等の観測を行った結果、風が穏やかな晴れた日の夜間に皇居外苑の冷気が周辺市街地へにじみ出し、約300m離れた東京駅まで到達していることがわかりました。また、お濠の水温は早朝、皇居外苑の気温よりも高く、外苑に沿った道路とともに、冷気のにじみ出し現象を抑制していることが確認されました。
 これらと同時に行った皇居内の気温観測結果を合わせてみると、皇居と皇居外苑は一帯となって、明瞭なクールアイランドを形成し、周辺市街地の気温低下にも寄与していることが示されました。

1.観測の目的

 都内有数の都市内緑地である皇居は、都心部の高温化(ヒートアイランド)を緩和するクールアイランドとして、都市におけるヒートアイランド対策の観点からも存在価値が極めて高いと考えられます。環境省では、宮内庁の特別許可を受けて実施した皇居内における気温観測から、皇居のクールアイランド効果については確認したところです。今般は、皇居南東側にある芝生の皇居外苑のクールアイランド効果を把握することで、その結果を都市の熱環境改善政策に有効活用することを目的としています。

2.結果の概要

(1)皇居外苑の8月の平均気温
 皇居外苑(7地点)と周辺市街地(4地点)の平成19年8月の時刻別平均気温変化を図1に示します。これによると、一日を通して、皇居外苑の気温は周辺市街地よりも約1.0℃低いことがわかりました。また、8月中、最大では約2.8℃の気温差が観測された時間帯(夜間)もありました。 なお、別調査による同期間の皇居内(6地点)の平均気温は、周辺市街地よりも約1.8℃低いことが確認されています(平成19年10月報道発表)。
(2)皇居および皇居外苑の平面気温分布
 同じ期間に観測した皇居内の気温データと合わせて、夏季の代表的な早朝の気温分布をみると(図2)、芝地の皇居外苑も樹林地の皇居内と同様に周辺市街地と比べて気温が低いことがわかりました。
(3)周辺市街地への冷気のにじみ出し効果
 皇居外苑から周辺市街地にかけて、行幸通り沿いに7地点で気温の連続観測を行いました(図3)。その結果、風が穏やかな晴天の夜間には、冷気が周辺市街地へにじみ出し、約300m離れた東京駅まで達していることがわかりました。また、日比谷公園についても、東西方向の調査を行ったところ、100m〜150m程度の冷気のにじみ出しが観測される日がありました。
(4)皇居お濠の水温
 皇居お濠の水温を測定し、皇居外苑の気温と比較しました(図4)。その結果、お濠の水温は、昼間は気温と同程度(30℃以上)まで上昇し、夜間には気温よりも2〜5℃程度高いことがわかりました。お濠の水温を下げることによって、皇居・皇居外苑のクールアイランド効果をより高める可能性があります。

 これらの結果から、皇居外苑は皇居とともに、ヒートアイランド現象の顕著な都市の中心部にあって、明瞭なクールアイランドとなっていることが確認されるとともに、周辺市街地の気温低下にも寄与していることがわかりました。環境省では、皇居外苑と東京駅に挟まれた地区を「ヒートアイランド中枢街区パイロット事業」のモデル街区に認定し、民間事業者が行う屋上緑化等に補助を行っています。また、行幸通りでは、官民連携でヒートアイランド効果の観点から海風や冷気の通り道となる風の道に関する取組が行われています。
 なお、本調査の一部は環境省が東京都に委託して行ったものです。

調査協力:日本工業大学 成田健一教授、防衛大学校 菅原広史講師
データ提供(皇居内および皇居北側・西側):首都大学東京 地理環境科学専攻の研究チーム

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局大気環境課大気生活環境室
03−3581−3351(代表)
室長 志々目友博(内線6540)
担当 鈴木、神鳥(内線6578)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ