報道発表資料

平成20年6月6日
保健対策
この記事を印刷

「平成20年度第1回ナノ材料環境影響基礎調査検討会」の開催について

 ナノ材料は、新しい機能材料として近年技術開発が進んでおりますが、今後の大規模な商品化に伴い、その安全性に関する知見が十分に集積されないまま、環境中に排出されるおそれも指摘されています。
 そこで、環境省では、ナノ材料の使用実態等を踏まえた環境中への放出の可能性と管理手法についての知見の収集と整理を行うため、学識経験者等からなる「ナノ材料環境影響基礎調査検討会」を設置し、第1回検討会を6月16日(月)に公開で開催いたします。

1.背景

 ナノ材料は、フラーレン様化合物(炭素原子が球状に集合した形状)、カーボンナノチューブ、金属・金属化合物超微粒子等、特異な物理的性状を有する新しい機能材料として近年技術開発が進められています。一方、環境・生体中の動態に関する知見が不足しており、今後の大規模な商品化に伴い、こうした知見が十分に集積されないまま、ナノ材料が環境中に排出されるおそれも指摘されています。また、今般、国立医薬品食品衛生研究所などから、カーボンナノチューブの有害性に関する報告もされています。
 このため、環境省において、ナノ材料の使用実態等を踏まえた環境中への放出の可能性と管理手法についての知見の収集と整理を行う必要があることから、専門家による「ナノ材料環境影響基礎調査検討会」を設置して検討を行うこととしました。

2.会議概要

・開催日時
平成20年6月16日(月)13時30分〜15時30分
・開催場所
法曹会館 高砂の間(東京都千代田区霞が関1−1−1)
・議題(予定)
(1)ナノ材料の環境影響に関する基礎調査について
(2)現状のナノ材料の開発状況等について
(3)当面の検討対象物質について
(4)その他

3.会議の傍聴について

 本会議は公開です。傍聴(無料)を御希望の方は、[1]電子メール又はFAXに「ナノ材料環境影響基礎調査検討会 傍聴希望」と記入し、[2]住所、氏名、勤務先、電話番号(電子メール又はFAXで申し込まれる場合はそれぞれ、電子メールアドレス又はFAX番号)を明記の上、6月12日(木)17時必着で、以下の宛先(4.申込み先)まで申し込みください。傍聴可能人数は50人程度を予定しており、希望者がこれを超えた場合は抽選とさせていただきます。
 申込みは傍聴希望者一名につき一通でお願いします。こちらからの返信(電子メール又はFAX)を傍聴券といたしますので、傍聴券を当日必ずお持ちください。

※ カメラ撮りを希望のマスコミ関係者の方も、同様にお申し込みください。(カメラ撮りについては、会議の冒頭のみでお願いします。また、必ず自社腕章を携帯願います。)

4.申込み先

 日本エヌ・ユー・エス株式会社「ナノ材料環境影響基礎調査検討会」傍聴受付係 宛て

○ 電子メールの場合
電子メールアドレス:nano-2008@janus.co.jp
(電子メールはテキスト形式で送信してください。添付ファイルによる提出は御遠慮願います。)
○ FAXの場合
FAX番号:03−5440−1870

 申し込みの際に記入いただいた個人情報は、日本エヌ・ユー・エス株式会社の個人情報保護方針に基づいて取り扱い、「ナノ材料環境影響基礎調査検討会」傍聴者の管理、傍聴券の発行以外に使用することはありません。
 個人情報に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

○ 日本エヌ・ユー・エス株式会社 個人情報問い合わせ窓口
日本エヌ・ユー・エス株式会社
環境設計ユニット 山城勇人/今関悠子 宛
〒108−0022東京都港区海岸3−9−15LOOP-Xビル8F
TEL:03−5440−1852(代表)
連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課
課長:木村 博承(6350)
課長補佐:瀬川 恵子(6353)
課長補佐:木野 修宏(6324)
担当:須賀 義徳(6356)

ページ先頭へ