報道発表資料

平成20年6月4日
総合政策
この記事を印刷

産学官連携功労者表彰(環境大臣賞)の決定について

 環境省では、地球環境保全、公害の防止、自然環境の保護及び整備その他の環境の保全の視点から、大学、公的研究機関、企業等の産学官連携の推進に多大な貢献をした優れた成功事例を表彰する産学官連携功労者表彰(環境大臣賞)を創設しました。
 産学官連携功労者選考委員会(主査:相澤益男(総合科学技術会議有識者議員))による選考を経て、産学官連携功労者表彰(環境大臣賞)を決定したのでお知らせします。

1 受賞の決定

(受賞事例)
準好気性埋立構造(福岡方式)及びクローズドシステム処分場の開発
(受賞者)(敬称略)
花嶋 正孝
財団法人福岡県環境保全公社 リサイクル総合研究センター
センター長
福岡大学名誉教授
(受賞理由)
 準好気性埋立構造(福岡方式)は、福岡大学と福岡市の協力により開発され、メタンガスの排出を抑制し、優れた環境性能と地盤の速やかな安定化を低コストで可能とする日本初の技術である。国内の多くの最終処分場に取り入れられているほか、国際技術協力により開発途上国を中心に世界的規模での広がりを見せており、日本の環境技術の高さを国際的に示した好事例として評価できる。また、周辺自治体及び民間企業57社の参画により、その発展形として、処分場の高度制御(「コントロール」)と上部空間の利用(「コミュニティ」)を実現するクローズドシステム処分場が開発・実用化され、全国に事例が増えている。花嶋センター長は、これらの開発を推進するとともに、その普及・実用化に貢献した。

 産学官連携功労者表彰におけるその他の表彰(総理大臣賞等)の決定については、添付資料をご覧下さい。

2 授与式の開催

(1)日時:
平成20年6月14日(土)15:30〜16:30
第7回産学官連携推進会議の中で開催
(2)場所:
国立京都国際会館(京都市左京区宝ヶ池)

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境研究技術室
直通:03−5521−8239
代表:03−3581−3351
室長:立川 裕隆(内線6241)
室長補佐:山根 正慎(内線6243)
調整係長:夏井 智毅(内線6244)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ