報道発表資料

平成20年5月28日
地球環境
この記事を印刷

「OECD環境大臣会合」議長サマリーについて(お知らせ)

4月28日(月)から4月29日(火)まで、パリ(フランス)において開催されたOECD環境大臣会合について、議論の概要に関する議長サマリーが取りまとめられたのでお知らせします。

1.OECD環境大臣会合の概要

(1)日程:
平成20年4月28日(月)〜29日(火)
(2)場所:
OECD本部(パリ)
(3)参加者:
  • OECD加盟国(30か国)の環境大臣等
  • 加盟候補国(チリ、ロシア、イスラエル、エストニア、スロベキア)の環境大臣等
  • 新興経済国(ブラジル、中国、インド、インドネシア、南アフリカ)の環境大臣等
  • その他、国際機関、NGO等

2.議長サマリーについて

 本会合の成果として、議長サマリー(別添【1】、日本語仮訳は別添【2】)が作成された。また、「資源生産性についての理事会勧告」(別添【3】、日本語仮訳は別添【4】)が本会合に提出され、参加者から歓迎された。
 なお、本会合の結果は、OECD閣僚理事会(6月4〜5日、OECD本部)に報告される予定。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課
(代表)03-3581-3351
(直通)03-5521-8243
課長:梶原 成元(6710)
室長:早水 輝好(6760)
補佐:吉川 和身(6722)
係長:岸本 紀子(6724)

関連情報

過去の報道発表資料

平成20年4月30日
「OECD環境大臣会合」の結果について(お知らせ)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ