報道発表資料

平成20年5月30日
廃棄物
この記事を印刷

北海道ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理施設の開業について(お知らせ)

 環境省では、日本環境安全事業株式会社を活用して、全国5箇所にポリ塩化ビフェニル(以下「PCB」という。)廃棄物処理施設の整備を進めているところですが、今般、北海道PCB廃棄物処理施設が、全国で5番目の施設として開業することとなりました。開業式は、平成20年6月6日(金)に開催されます。
 本施設の開業を受けて、北海道ほか15県に保管されているPCB廃棄物の適正処理が推進されます。

1.概要

 環境省では、ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法に基づき、PCB廃棄物の適正処理を行うため、全国5箇所で日本環境安全事業株式会社によるPCB廃棄物処理施設の整備を進めてきたところであり、平成20年3月時点で、北九州、豊田、東京、大阪の計4箇所で事業が開始されています。
 今般、5番目の施設として、北海道PCB廃棄物処理施設が整備され、平成20年6月6日(金)に開業式が開催されることとなりました。この施設は、北海道ほか15県に保管されている高圧トランス・コンデンサ等のPCB廃棄物の処理を行います。これにより、高圧トランス・コンデンサ等については全国での処理体制が整ったことになります。

2.施設概要

  • (1)施設の名称:日本環境安全事業株式会社北海道PCB廃棄物処理施設
      (北海道室蘭市仲町14−7)
  • (2)事業主体:日本環境安全事業株式会社
  • (3)事業対象区域:北海道、東北、北関東、甲信越、北陸の16道県
  • (4)処理対象物:PCBを用いた高圧トランス・コンデンサ等の電気機器が廃棄物となったもの及び廃PCB等のPCB油類
  • (5)処理能力:1.8トン/日(PCB分解量)

3.開業式について

開業式は、以下のとおり執り行われます。
日時:平成20年6月6日(金) 11:00〜14:00
場所:日本環境安全事業株式会社北海道事業所

4.取材等について

 取材に当たっては、事前に下記問い合わせ先まで登録を行って下さい。また、取材の際には、自社腕章を必ず着用していただくとともに、日本環境安全事業株式会社の指示に従って下さい。

5.問い合わせ先

 日本環境安全事業株式会社 本社総務課(TEL:03-5765-0541)
 日本環境安全事業株式会社 北海道事業所総務課(TEL:0143-22-3111)

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課
代表  :03-3581-3351
課長  :木村 祐二(内線6871)
課長補佐:高橋 一彰(内線6880)
主査  :斎藤 史紀(内線6895)

ページ先頭へ