報道発表資料

平成20年6月2日
自然環境
この記事を印刷

平成20年度エコインストラクター人材育成研修の受講生募集について(お知らせ)

 環境省では、自然学校のインストラクターやエコツアーガイドなどプロとして民間で活躍できる人材を育成するための「エコインストラクター人材育成事業」での、平成20年度の研修の受講生募集を開始します。
 この研修は、東京、那覇で実施する基礎的な事項を学ぶ集合研修や環境省と全国の自然学校等が連携して共通カリキュラムによる実地研修(インターンシップ)などを行うものです。
 なお、研修修了者には環境省から修了証を発行します。

(1)概要

 環境省では、自然環境や歴史・文化を対象とし、それらの保全を図りながら体験するエコツーリズムを推進しているところであり、全国各地でその取組が見られるようになりました。
 しかし、多くの地域では、そこを訪れる利用者に対して、さまざまな地域の魅力をより深く理解するための解説を行う人が不足しているという現状があります。
 本研修は、環境省からの受託先である(社)日本環境教育フォーラムが共通カリキュラムの作成やエコインストラクター全国事務局の運営を行い、実地研修は、エコインストラクター全国事務局の仲介の下、受け入れ先の自然学校等と受講生の個別契約により実施されます。なお、本事業は資格制度ではありません。

受講生募集・実施期間
第1期募集期間:
平成20年6月2日(月)〜30日(月)
第1期集合研修:
平成20年7月12日(土)〜14日(月)※東京の予定
第1期実地研修:
平成20年8月1日(金)〜12月19日(金)
※実地研修地が、北海道、東北、北陸の場合
第2期募集期間:
平成20年6月2日(月)〜8月29日(金)
第2期集合研修:
平成20年9月24日(水)〜26日(金)※東京の予定
平成20年9月20日(土)〜22日(月)※沖縄の予定
第2期実地研修:
平成20年10月1日(水)〜平成21年2月28日(土)
※実地研修地が、関東、中部、近畿、四国、九州、沖縄の場合

(2)募集人員

100名

(3)費用

講義に関するものは無料
ただし、研修期間中の生活費、移動のための交通費、保険料等の実費は受講生負担

(4)研修内容

  • 専門家から直接指導による「集合研修」
  • 全国の自然学校等における「実地研修」※実地場所は、当該事務局が示したところのみとなります。(別添参照)
  • マイペース学習が可能な「通信研修」
  • 全国のブロックごとに実施する「巡回指導」

(5)申込方法

申込用紙に記入のうえ、郵送又は直接下記の申込先へお申し込みください。
※直接の場合は、月曜日から金曜日(祝日を除く。)までの10時から17時までとさせていただきます。郵送の場合は、締切日消印有効。

締切:
第1期申込:平成20年6月30日(月)
第2期申込:平成20年8月29日(金)

(6)申込・照会先

エコインストラクター全国事務局
〒160−0022 東京都新宿区新宿5−10−15 ツインズ新宿ビル4階
(社)日本環境教育フォーラム 
 担当:京極(きょうごく)
 小堀(こぼり)
URL:http://www.jeef.or.jp/ecoins
TEL:05−3350−6770(代表)
E-Mail:ecoins@jeef.or.jp

(7)その他

 本事業は、自然学校のインストラクターやエコツアーガイドなど本研修の趣旨を生かした職に就業する意志のある方のみを対象としています。受講のみを目的とされる場合はお断りします。また、集合研修や通信研修のみの受講、土日のみの実地研修など期間内にカリキュラムが消化できない場合は、お断りをしております。
 修了後は、環境省から修了証が発行され、エコインストラクター全国事務局が中心となって同分野での就業支援を行いますが、就職を保証するものではありません。また、本事業は資格制度ではありません。
 研修内容や応募方法の詳細については、エコインストラクター全国事務局へお問い合せください。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局総務課
自然ふれあい推進室
直通 03-5521-8271
代表 03-3581-3351
室長 岡本 光之(内線6419)
室長補佐 廣瀬 勇二(内線6421)
担当 粥川 隆之(内線6424)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ