報道発表資料

平成20年5月22日
地球環境
この記事を印刷

『太平洋島嶼国の環境と支援を考える国際シンポジウム』の開催について(お知らせ)

環境省と外務省は、6月19日(木)に東京プリンスホテルで『太平洋島嶼国の環境と支援を考える国際シンポジウム』を開催します。
1. 目的 :
 気候変動に対して脆弱な太平洋島嶼国を支援することは、気候変動問題に対する我が国の重要な取組の一つであり、今年1月の鴨下大臣のツバル訪問をはじめ、環境省調査団(2月)、外務省・環境省・独立行政法人国際協力機構(JICA)の職員等からなる調査団(3月)をツバルに対して派遣するなど、内外にその積極的な姿勢を表明しています。
 そこで、ツバルをはじめとする太平洋島嶼国における気候変動の影響と、それに対処するための国際的な支援策について理解を深めると同時に、参加者の間で知識を共有することを目的に、本シンポジウムを開催します。
2.開催日 :
平成20年6月19日(木)13:30〜17:00
3.会議名 :
『太平洋島嶼国の環境と支援を考える国際シンポジウム』
4.会場 :
東京プリンスホテル"マグノリアホール"
(〒105-8560 東京都港区芝公園3-3-1)
5.構成 :
第一部「気候変動による太平洋島嶼国への影響と支援策」
第二部「ツバルの現状と支援策」
6. 演者 :
タバウ・テイイ副首相兼天然資源・環境大臣(ツバル)、三村信男・茨城大学教授、茅根創・東京大学教授の他、国内外の行政関係者、NGO等
7. 定員 :
約250名(先着順)
8. 参加費 :
無料

*プログラム概要については別紙1参照。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局
環境協力室(代表:03-3581-3351)
室長:早水 輝好(6760)
補佐:小川 眞佐子(6721)
担当:岡山 俊直(6726)
(直通:03−5521−8243)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ