報道発表資料

平成20年5月21日
自然環境
この記事を印刷

洞爺湖ビジターセンター「エコ・ギャラリー」がオープンします(お知らせ)

 環境省では、G8北海道洞爺湖サミットが開催される洞爺湖地域を訪れる国内外の来訪者に環境問題を普及啓発することを目的として、平成20年6月1日(日)から8月31日(日)までの間、支笏洞爺国立公園の洞爺湖ビジターセンター敷地内において、仮設の展示施設「エコ・ギャラリー」を開設します。
オープン初日の6月1日(日)には、午前11時から桜井郁三環境副大臣や関係者の出席のもと、「エコ・ギャラリー」オープニング式典を行います。
 なお、オープニング式典では、エコ・ギャラリー特製「1人1日1kg」CO2削減チャレンジ宣言カードのデモンストレーションも行います。
 また、オープン記念イベントとして、昭和新山国際雪合戦実行委員会との共催により、本物の雪を使用した「エコ・スポーツ雪合戦inエコ・ギャラリー」を実施するとともに、日本自然科学写真協会(SSP)の協力により作成した「美しい日本の自然」写真パネル60点を展示します。

1.エコ・ギャラリー オープニング式典

時間:
11:00〜12:00(11:30より一般入場)
場所:
洞爺湖ビジターセンター敷地内
内容:
開会の挨拶(桜井環境副大臣、来賓等)
テープカット
環境紙芝居の上演
「1人1日1kg」CO2削減チャレンジ宣言カード・デモンストレーション
※エコ・ギャラリーについては、別添1を御参照ください。
エコ・ギャラリー特製「1人1日1kg」CO2削減チャレンジ宣言カードとは    エコ・ギャラリーでは、温暖化防止に向けて一人ひとりの行動実践を呼び掛けており、同ギャラリーにて、「1人1日1kg」チャレンジ宣言をした方を対象に、エコ・ギャラリー特製のチャレンジ宣言カードを配布することとしております。尚、この特製カードは、アーティストのGacktさんのご協力により同氏の愛犬エネルをモチーフにしたイラストを採用することとしております。(詳細別添2参照)。

2.エコ・スポーツ雪合戦 in エコ・ギャラリー

時間:
13:00〜15:00
場所:
エコ・ギャラリー南側芝生広場(洞爺湖ビジターセンター敷地内)
趣旨:
地球温暖化が進み雪が少なくなると、子供たちに身近な雪合戦もできなくなる。本物の雪を使って雪合戦を行うことにより、地球温暖化問題を身近に考える契機とする。
内容:
壮瞥町小学生代表選手宣誓、デモンストレーションゲーム
地元小学生チームやJICA(国際協力機構)札幌の外国人研修生などのチームによる雪合戦競技

雪合戦に関するお問い合わせ

昭和新山国際雪合戦実行委員会
壮瞥町字滝之町384-1 そうべつ情報館i2階(壮瞥町役場商工観光室内)
Tel 0142-66-2244 Fax 0142-66-2800 Email blacky@taupe.plala.or.jp

3.美しい日本の自然写真展

場所:
エコ・ギャラリー企画展示コーナー、洞爺湖ビジターセンター2階
内容:
自然科学写真協会(SSP)の協力の下、環境省が製作した日本の自然(地形、生態系、動植物等)の美しい写真60点を全国で初めて一斉展示します。
展示期間:
6月1日(日)〜13日(金)
※取材について
上記1のオープニング式典の取材を希望される場合は、以下までFAXにてお申し込みください。
北海道地方環境事務所国立公園・保全整備課(宇賀神(うがじん)、宮内)
TEL:011−251−8703
FAX:011−219−7072
申し込みに際しては、所属社名、取材人数、カメラの有無、連絡先(電話番号)を明記してください。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局国立公園課
課長:神田修二(6440)
補佐:則久雅司(6442)
電話:03-5521-8277(直通)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ