報道発表資料

平成20年5月9日
地球環境
この記事を印刷

国際サンゴ礁年2008 サンゴ礁フェスティバルの開催について

 本年は、国際サンゴ礁イニシアティブ(ICRI)の定めた国際サンゴ礁年です。世界の様々な地域で、政府、NGOなど多様な主体が、サンゴ礁の保全や普及啓発にかかわる取組を推進しています。
 環境省では、我が国における国際サンゴ礁年2008の記念イベントとして、6月22日(日)に東京ファッションタウンビル(東京都江東区)において、「国際サンゴ礁年2008 サンゴ礁フェスティバル」を開催いたします。

概要

 本フェスティバルでは、「サンゴ礁−知ろう、行こう、守ろう−」をテーマにシンポジウムを開催し、作家・立松和平氏による基調講演、写真家・高砂淳二氏によるサンゴ礁のスライドショーに引き続き、水中リポーターの須賀潮美氏をコーディネーターとして、両氏にサンゴ礁とかかわりの深い4名を加えた6名のパネリストによるパネルディスカッションを行います。
 またシンポジウムに続き、歌手の照屋林賢氏(りんけんバンドリーダー)、上原知子氏(同ヴォーカル)らにより、サンゴ礁保全を呼びかけるためのコンサートを行うほか、併設会場では、NGO、企業等によるサンゴ礁保全活動の紹介や、サンゴ礁を題材とした体験型プログラム等のサイドイベントを実施します。

日時

6月22日(日)12:00〜18:00

会場

東京ファッションタウン(TFT) ホール1000、ホール500、ホワイエ
(〒135-8071 東京都江東区有明3-1)

主催

環境省、国際サンゴ礁年2008推進委員会

プログラム

(敬称等略)

シンポジウム(於:ホール1000)

  • 開会宣言
  • 基調講演 立松和平(作家)
  • スライドショー 高砂淳二(自然写真家、NPO法人OWS理事)
  • 国際サンゴ礁年 活動紹介(環境省)
  • パネルディスカッション
    パネリスト/
    立松 和平
    高砂 淳二
    畠山 重篤(牡蠣の森を慕う会 代表)
    さかなクン(タレント)
    池田 元(沖縄県指導漁業士)
    真栄城 雅子(建築家、SAVE THE CORAL 2008チーフデザイナー)
    コーディネーター/須賀 潮美(水中リポーター)
  • コンサート(於:ホール1000)
    出演者/
    照屋 林賢(りんけんバンド リーダー)
    上原 知子(りんけんバンド ヴォーカル)
    大島 保克

サイドイベント(於:ホール500、ホワイエ)

  • ミニステージでのさかなくんトークショー
  • NGO、企業等による展示会
  • サンゴ礁を題材とした体験プログラム、ほか

参加申込み・問合先

〒130-0013 東京都墨田区錦糸3−3−4
「サンゴ礁フェスティバル」事務局 来場者案内係
電話:03−5819−8331、FAX:03−5819−6090
E-MAIL:sango@leadclimb.co.jp
※ メール、FAXで参加申込みの際は、件名に「参加申込み」と記載願います。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
TEL 03−5521−8274(直通)
03−3581−3351(代表)
課長:渡邉 綱男(6430)
調整専門官:中島 慶次(6432)
担当:木住野(きしの)泰明(6479)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ