報道発表資料

平成20年4月29日
自然環境
この記事を印刷

死亡したオオハクチョウからの鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)のN1亜型の特定について(お知らせ)

(先にお知らせした「病性鑑定結果」の追加のお知らせ)

 4月21日に秋田県十和田湖畔で回収されたオオハクチョウから分離された鳥インフルエンザウイルスは、N1亜型であったとの報告が、検査を行っていた動物衛生研究所からありましたので、お知らせします。
環境省では、先にお知らせしたとおり、死亡したオオハクチョウが回収された地域周辺等において、野鳥における異常がないか監視を継続するとともに、ウイルス保有状況調査を行う考えです。

 鳥インフルエンザのウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人には感染しないと考えられています。
 日常生活においては、鳥の排泄物等に触れた後には手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありませんので、冷静な行動をお願いいたします。

連絡先
環境省自然環境局野生生物課鳥獣保護業務室
電話 03-5521-8285(直通)
03-5521-8283(直通)
03-3581-3351(代表)
課長:星野一昭(6460)
室長:猪島康浩(6470)
補佐:柴田泰邦(6471)
専門官:徳田裕之(6473)

ページ先頭へ