報道発表資料

平成20年3月31日
保健対策
この記事を印刷

『小児環境保健疫学調査に関する検討会報告書』の公表について(お知らせ)

 近年、子供に対する環境リスクが増大しているのではないかとの懸念があり、環境中の有害物が小児の健康に及ぼす影響について大きな関心が払われています。
 平成18年8月「小児の環境保健に関する懇談会」において、小児環境保健に関する疫学調査の推進が提言されたことを受けて、環境省では「小児環境保健疫学調査に関する検討会」において、国内外の疫学調査の把握、国内における既存の疫学調査間の連携及び新たな疫学調査の立ち上げについて議論を重ねてきました。その結果を「小児環境保健疫学調査に関する検討会報告書」としてとりまとめましたので公表します。

報告書目次

  1. はじめに
  2. 小児疫学調査の目的について
  3. 小児疫学調査の実施概要案について
  4. 今後の進め方について
  5. 本調査の名称について
  6. おわりに

報告書内容

本報告書本体は、環境省のホームページより、ご覧下さい。(http://www.env.go.jp/chemi/)

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課環境リスク評価室
直通 03−5521−8262
代表
室長 森下 哲 (内線6340)
室長補佐 長谷川 学(内線6343)
係員 井口 亜美(内線6343)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ