報道発表資料

平成20年3月25日
自然環境
この記事を印刷

平成21年度自然公園ふれあい全国大会の開催地の内定について(お知らせ)

 環境省では、自然に対する理解を深め、自然公園の適正利用の普及を促進するとともに、自然を大切にする心を育むことを趣旨として、「自然公園ふれあい全国大会」を都道府県、市町村及び財団法人国立公園協会とともに開催しています。
 平成21年度の自然公園ふれあい全国大会を、丹後天橋立大江山国定公園及び若狭湾国定公園の京都府地域で開催することを内定しました。

1.開催時期

平成21年度(夏から秋までの間の2日間で開催。日程未定。)

2.場所

丹後天橋立大江山国定公園及び若狭湾国定公園の京都府地域

3.主催

環境省、京都府、福知山市、舞鶴市、宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町、財団法人国立公園協会

4.大会概要

  • 自然公園関係者環境大臣表彰及び知事表彰等を行う式典
  • エコツーリズムシンポジウム
  • 各種自然体験プログラム

参考

・丹後天橋立大江山国定公園
 平成19年8月 新規指定
 日本三景の一つである天橋立(砂州)や海食崖などの海岸地形、近畿地方有数の規模の落葉広葉樹林、ブナ林など変化に富んだ自然環境を有している。
 若狭湾国定公園に含まれていた日本三景の一つである天橋立(砂州)を含む丹後半島の海  岸部に加え、新たに半島中央部の世屋高原、半島南部の大江山連峰を追加指定し、新たな国定公園として指定。
・若狭湾国定公園
 福井県と京都府にまたがり、沈降海岸が発達したリアス式海岸で、断崖、洞門などの風景要素に加え、原始的な島嶼も点在する優れた海の風景地として、昭和30年6月に指定。
 平成19年8月に、既指定区域に隣接する海岸背後の山林を拡張する等の変更を実施。
連絡先
環境省総合環境政策局総務課自然ふれあい推進室
直通 03-5521-8271
代表 03-3581-3351
室長 岡本 光之 (内線6419)
室長補佐 廣瀬 勇二 (内線6421)
担当 中村 達也 (内線6422)

ページ先頭へ