報道発表資料

平成20年3月25日
自然環境
この記事を印刷

エコツーリズム推進基本方針(案)の意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)

 エコツーリズム推進法(平成19年法律第105号)が本年4月1日に施行されます。
 この度、本法に基づき政府が定めるエコツーリズムの推進に関する基本的な方針(基本方針)について、主務省庁である環境省、国土交通省、文部科学省及び農林水産省は、基本方針の案を作成しました。
 これについて、平成20年3月25日(火)から4月23日(水)まで広く国民の皆様から意見を募集します。今後、本基本方針については、御提出いただいた御意見を考慮した上で決定することとしております。

 自然環境の保全に配慮しながら、地域の創意工夫を生かしたエコツーリズムに関する総合的な枠組みを定めた「エコツーリズム推進法」(平成19年法律第105号)が本年4月1日に施行されます。

 本法第4条に、「政府は、基本理念にのっとり、エコツーリズムの推進に関する基本的な方針(以下『基本方針』という。)を定めなければならない。」とされており、[1]エコツーリズムの推進に関する基本的方向、[2]エコツーリズム推進協議会に関する基本的事項、[3]エコツーリズム推進全体構想の作成に関する基本的事項、[4]エコツーリズム推進全体構想の認定に関する基本的事項、[5]生物の多様性の確保等のエコツーリズムの実施に当たって配慮すべき事項その他エコツーリズムの推進に関する重要事項を定めることとされています。

 本法の主務省庁である環境省、国土交通省、文部科学省及び農林水産省は、基本方針の案の作成に先立ち、平成19年12月に有識者からなる検討会(別添参考資料を参照)を設け、平成20年3月に検討会から基本方針に盛り込むべき内容について提言を受けたところです。

 この度、主務省庁の4省は、この提言をもとに基本方針の政府案を別添1のとおり作成しました。本案について、別添2の意見募集要領のとおり、郵送、ファクシミリ又は電子メールにより、御意見を募集いたします。皆様から頂いた御意見を考慮した上で、基本方針を策定することとしております。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局総務課自然ふれあい推進室
直通 03-5521-8271
代表 03-3581-3351
室長 岡本 光之(内線6419)
室長補佐 廣瀬 勇二(内線6421)
担当 北川 秀次(内線6418)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ