報道発表資料

平成20年2月29日
地球環境
この記事を印刷

気候変動、クリーンエネルギー及び持続可能な開発に関する第4回閣僚級対話(グレンイーグルズ対話)の開催について(お知らせ)

 3月14日(金)〜16日(日)に千葉市で開催される「気候変動、クリーンエネルギー及び持続可能な開発に関する第4回閣僚級対話(グレンイーグルズ対話)」の概要をお知らせします。

1. グレンイーグルズ対話(第4回)の概要

(1) 日程:
平成20年3月14日(金)〜16日(日)
(2) 場所:
幕張メッセ国際会議場ほか
(3) 主催:
環境省、外務省、経済産業省
(4) 参加予定国・機関:
・G8及び中国、インド、ブラジル等の主要排出国の環境担当大臣とエネルギー担当大臣(参加予定国は別添のとおり)
・世界銀行、国際エネルギー機関(IEA)等の国際機関の代表
・産業界、NGO/NPO等の代表
(5) 会合の環境配慮
 本会合においては、グリーン電力証書の購入や、燃料電池自動車の活用等により会合開催に伴う温室効果ガスの排出を低減するとともに、それでもなお排出される温室効果ガスについては、それに相当する削減対策等により埋め合わせる「カーボン・オフセット」を実施する予定です。
(6) 概要
 気候変動、クリーンエネルギー及び持続可能な開発に関する閣僚級対話(グレンイーグルズ対話)」は、2005年にイギリスで開催されたグレンイーグルズ・サミットにおける合意をきっかけに発足した気候変動問題(地球温暖化)に関する国際会議です。サミット参加国(G8)のほか、中国、インド、ブラジル等の温室効果ガス主要排出国の環境・エネルギー担当閣僚が一堂に会し、世界銀行、IEA等の関連機関からの報告を受けつつ、地球温暖化に対応するための技術、資金や将来枠組みについて議論を行います。本対話は、鴨下環境大臣及び甘利経済産業大臣が共同議長を務めます。
 これまで第1回が平成17年11月にイギリスで、第2回が平成18年10月にメキシコで、第3回が昨年9月にドイツで開催されており、千葉で開催される第4回会合において最終総括がなされ、7月に我が国で開催する北海道洞爺湖サミットにおいて、その成果を報告する予定です。なお、本会合は、北海道洞爺湖サミット前に我が国で開催する一連の閣僚級会合のうち最初に開催される会合となります。

2. 取材事前登録

 本会合は非公開ですが、事前に登録された報道関係者による一部の取材が可能です。取材を希望される報道関係者(新聞記者、カメラマン(スチール、ムービー)、TVレポーター、照明・音声等技術者及びその助手並びに各社の連絡員)は、3月7日(金)までに、取材登録用ウェブサイトにて必要事項を入力願います。事前登録をされていない場合、取材はできませんので御注意願います。
 なお、取材要領は、後日、電子メールにて送付いたします。
 また、会場の制約等により、御登録いただいた場合であっても、取材をお断りすることがございますので、あらかじめ御了承願います。

 取材登録用ウェブサイト:https://www3.convention.co.jp/g20/p_form_j.html

3. 関連行事

グレンイーグルズ対話関連行事として、千葉県ほかの主催により、G20ちば2008記念国際フォーラムが開催されます。

日時:
3月8日(土) 10:00〜17:00
3月9日(日) 10:00〜17:00
場所:
幕張メッセ国際会議場
概要:
3月8日(土) シンポジウム:地球温暖化と生物多様性
3月9日(日) 地球温暖化と生物多様性fromちば国際シンポジウム
参考HP:
千葉県ウェブサイト:http://www.pref.chiba.lg.jp/syozoku/e_kansei/g20/index.html

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課G8環境大臣会合等準備室
室長:奥田 直久 (6932)
補佐:大井 通博 (6933)
担当:三井 士郎 (6279)
(直通:03−5521−8243)

環境省地球環境局地球温暖化対策課国際対策室
室長:和田 篤也 (6772)
補佐:川又 孝太郎(6789)
担当:小林 豪(6775)
(直通:03-5521-8330)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ