報道発表資料

平成20年2月18日
地球環境
この記事を印刷

エコハウスの快適さを伝える小冊子「住みたい!建てたい!伝えたい『エコ・リュクス』なわが家」の作成配布について(お知らせ)

 環境省では、心地よく暮らせて省エネもできる、そんなエコハウスの快適さと具体的な省エネアイテム等を分かりやすく伝える小冊子「住みたい!建てたい!伝えたい『エコ・リュクス』なわが家」を作成しましたので、お知らせします。

1.はじめに

 環境省では、これまで、地球温暖化防止に向けた一人ひとりの取組の実践を促すため、省エネ性能に優れた商品が快適な生活を送ることにも役立つことや、その選び方、使い方に関する情報を盛り込んだ冊子を作成してきました。
 この度、私たちが日々住まう住宅そのものについて、「断熱」や「気密」といった建築技術に自然の持つ力を最大限に活かす工夫を加えたエコハウスの快適性や省エネルギー性を分かりやすく伝える小冊子を作成しました。
 今後、これまで同様、地球温暖化防止活動推進センターや各種環境イベントなどを通じて配布を予定しております。

2.「住みたい!建てたい!伝えたい『エコ・リュクス』なわが家」の概要等

(1)概要
 エコハウスの快適性と省エネルギー性を「風」、「光」、「水」、「木」という4つのテーマに分けて記載したもので、断熱や気密といった建築技術に、自然の持つ力を最大限に活かした工夫を加えた住宅の快適性や省エネルギー性を分かりやすく伝える内容になっております。
 冊子では、エコハウスの快適性や省エネルギーアイテムを写真で分かりやすく伝えるとともに、各テーマごとにリフォームでも活かせるアイテムも紹介しております。
(2) 配布
全国の地球温暖化防止活動推進センターなどを通じて配布する他、「環のくらし」ホームページ(http://www.wanokurashi.ne.jp)にも、その概要を掲載する予定。
<参考:エコリュクスとは>
環境省では、昨年度から、「エコリュクス」と題して、“質が高く、快適で、地球に優しい”ライフスタイルの提案を行っております。なお、エコリュクスという言葉は、このほか、婦人雑誌マリクレールや日本経済新聞社などでも使用されています。
連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室
室長:染野憲治(内線6725)
担当:林、中尾(内線6792)

ページ先頭へ