報道発表資料

平成20年2月15日
総合政策
この記事を印刷

第11回環境コミュニケーシヨン大賞表彰式及び環境コミュニケーションシンポジウム開催について(お知らせ)

 環境省と(財)地球・人間環境フォーラムは、優れた環境コミュニケーションを表彰する「第11回環境コミュニケーション大賞」を実施し、この度平成20年3月6日(木)に日経ホール(東京都千代田区大手町)において、表彰式を開催いたします。
 この表彰式と共に、サステナビリティ・コミュニケーション・ネットワーク(NSC)、日本経済新聞社、(財)地球・人間環境フォーラムとの共催により、環境コミュニケーションシンポジウムを開催します。
 今回のシンポジウムでは、「低炭素社会への変革〜企業のサスティナビリティの方向性を探る」をテーマとして開催し、北川正恭氏(早稲田大学大学院公共経営研究科教授)の基調講演や、企業関係者、学識者、金融機関等らによるパネルディスカッションが行われます。

環境コミュニケーション大賞

 「環境コミュニケーション大賞」は、優れた環境報告書等や環境活動レポート、およびテレビ環境CMを表彰することにより、事業者等の環境コミュニケーションへの取り組みを促進するとともに、その質の向上を図ることを目的とする表彰制度です。

表彰式及びシンポジウム

 表彰式を平成20年3月6日(木)13:00から日経ホール(東京都千代田区大手町)にて行い、式終了後、引き続き「低炭素社会への変革〜企業のサスティナビリティの方向性を探る」と題したシンポジウムを開催いたします。

(プログラム 予定)

13:00〜14:30
第11回環境コミュニケーション大賞表彰式
 各賞表彰状 授与
 審査委員長講評 山本良一氏(東京大学生産技術研究所教授)
14:45〜15:35
基調講演
 「低炭素社会の構築へ、求められる社会経済システムの変革とイノベーション」(仮題)
 北川 正恭 氏(早稲田大学大学院公共経営研究科教授/前三重県知事)
15:45〜17:30
パネルディスカッション
 「低炭素社会への変革〜企業のサスティナビリティの方向性を探る」
パネリスト(順不同)
 河口真理子氏((株)大和総研経営戦略研究所主任研究員)
 佐藤耕司氏((株)三井住友銀行経営企画部CSR室長)
 鈴木敦子氏(松下電器産業(株)CSR担当室長)
 原早苗氏(埼玉大学経済学部非常勤講師)
 笠井 俊彦氏(環境省総合環境政策局環境経済課長)
コーディネーター
 森下研氏((株)エコマネジメント研究所代表、NSC幹事

表彰式・シンポジウム申込方法

  • 参加を希望される方は、氏名・所属先名(会社名等)・部署・役職・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・E-mailをご記入の上、下記インターネットもしくはFAX・郵送にてお申込みください。
     http://www.fuluhashi.jp/ecomsympo2008
  • 参加可能な方へは、受講票をメール・FAX等にて送付いたします。
  • 参加申込締切は、平成20年2月29日(金)といたします(当日消印有効)。ただし、定員になり次第締め切ります。

表彰式・シンポジウム問合先

第11回環境コミュニケーション大賞表彰式及び環境コミュニケーションシンポジウム事務局
株式会社フルハシ環境総合研究所(担当:加治、友岡)
Tel:03-3780-9733 Fax:03-5728-3414
E-mail:ecomsympo@fuluhashi.jp
150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-8-5 エビス・S&S・ウエスト3F

※第11回環境コミュニケーション大賞の受賞者については、2月下旬に別途発表いたします。

連絡先
環境省総合環境政策局環境経済課
直通電話:03−5521−8240
課長:笠井 俊彦(6260)
課長補佐:松本 秀一(6263)
担当:柳田 友規(6268)

ページ先頭へ