報道発表資料

平成20年1月22日
地球環境
この記事を印刷

いま、地球に何がおこっているの?〜動物園で学ぼう こども地球温暖化影響展〜の開催について(第1報)

 チーム・マイナス6%では、札幌市円山動物園等と連携し、2月2日から11日まで、札幌市円山動物園動物センター情報ホール及び動物科学館にて、地球温暖化の現状やその影響等をナショナル ジオグラフィック誌や国際NGO ツバルオーバービューなどの写真等を通じて分かりやすく伝える地球温暖化影響展を実施します。
 なお、初日は「地球温暖化影響展」のキックオフイベントを開催する予定です(詳細は1月29日に発表予定)。

地球温暖化影響展の概要

 チーム・マイナス6%では、2月2日(土)から11日(月・祝日)まで、札幌市円山動物園の動物センター情報ホール及び動物科学館にて、地球温暖化の現状やその影響等をナショナル ジオグラフィック誌や国際NGO ツバルオーバービューなどの写真等を通じて分かりやすく伝える地球温暖化影響展を実施します。
なお、同影響展では、写真や映像による展示の他、毎日1回、飼育員による温暖化影響解説レクチャーが実施され、ホッキョクグマやペンギンがなぜ温暖化の影響によって絶滅する可能性があるのか、動物の生態から見た、温暖化の影響等についての解説も行われます。
 また、情報ホールでは、ウォームビズを普及推進するために、現在北海道を中心に展開している室温調査及びウォームビズアイデアのアンケート調査への協力を呼びかけます。
 さらに、影響展初日の2月2日は、東京海洋大学客員准教授のさかなクンを招き、こども地球温暖化教室を開催するなどキックオフイベントを開催します(詳細は1月29日に発表予定)。会場が立ち見を含め150名程度の収容スペースであることから、同イベントへの参加は先着順とさせていただきますのであらかじめご承知おきください。

キックオフイベントの日程

2月2日(土)
  • 11:15〜11:45 さかなクンによるこども地球温暖化教室
  • 11:50〜12:15 地球温暖化影響展開会式(詳細は1月29日に発表予定)

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8341)
室長:染野憲治(内:6763)
担当:林 俊宏、清武正孝(内:6792)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ