報道発表資料

平成19年12月12日
地球環境
この記事を印刷

インドネシア環境省とのコベネフィットアプローチを通じた環境保全協力に関する共同文書について(お知らせ)

 インドネシア・バリ島で開催中の国連気候変動枠組条約第13回締約国会議(COP3)及び京都議定書第3回締約国会合(COP/MOP3)の際に、日本国環境省とインドネシア共和国環境省との間で、温室効果ガスの排出削減と環境汚染防止を両立するコベネフィット(相乗便益)・アプローチに関する共同文書(Joint Statement)が署名されました。
 本文書に基づき、今後、共同プログラムを策定し、具体的なプロジェクトの形成につなげる取組を進めていくこととしています。

共同文書:別紙参照

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
TEL:03-5521-8330(直)
国際対策室長:和田 篤也 (6772)
補佐:川又 孝太郎(6789)
担当:小林 豪  (6775)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ