報道発表資料

平成19年12月7日
水・土壌
この記事を印刷

土壌汚染対策基金による助成金の交付決定について

土壌汚染対策基金による初めての助成金の交付決定が、本日12月7日付で(財)日本環境協会より、さいたま市に対して行われましたので、お知らせいたします。

 土壌汚染対策基金による初めての助成金の交付決定が、本日12月7日付で(財)日本環境協会より、さいたま市に対して行われましたので、お知らせいたします。
 土壌汚染対策基金による助成制度は、土壌汚染対策法に基づき、汚染原因行為に関与していない資力に乏しい土地所有者等に対して汚染の除去等の費用を助成するものであり、この助成は都道府県又は土壌汚染対策法の政令市を通じて行われます。
 なお、この基金は、環境大臣が指定する指定支援法人((財)日本環境協会)が当該助成金交付業務等を実施するために必要な基金として設けられています。

【助成金交付決定の内容】
  • 土壌汚染対策基金による助成金交付先 さいたま市
  • 土壌汚染対策基金による助成金額 5,000万円(費用全体の約1/2)
     なお、土壌汚染の除去を実施する土地所有者へは、さいたま市より、費用全体の約3/4に相当する7,500万円(さいたま市:2,500万円、土壌汚染対策基金:5,000万円)が交付される予定。

※本件の概要は、添付資料((財)日本環境協会報道発表資料)のとおり。

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局土壌環境課
直通:03-5521-8321
代表:03-3581-3351
課長:坂川  勉(内線6650)
課長補佐:高澤 哲也(内線6652)
担当:志太 健一(内線6657)

関連情報

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ