報道発表資料

平成19年12月6日
大気環境
この記事を印刷

中央環境審議会水環境部会陸域環境基準専門委員会(第2回)の開催について

平成19年12月11日(火)に、中央環境審議会水環境部会陸域環境基準専門委員会(第2回)を開催し、生活環境の保全に関する環境基準の水域類型の指定の見直しの検討等を行います。

1.日時

平成19年12月11日(火) 13:00〜15:00

2.場所

経済産業省 別館 10階 1020会議室
(東京都千代田区霞が関1−3−1)

3.議題

(1)
検討対象河川水域の概況と将来水質について
(2)
検討対象湖沼水域の概況と将来水質について
(3)
「水質汚濁に係る生活環境の保全に関する環境基準の指定の見直しについて」(委員会報告案)

4.公開に関する取扱い

(1)

この会議は、公開で行われます。傍聴可能人数は、20名を予定しています。希望の方が20名を超えた場合は、抽選といたします。

(2)

傍聴希望の方は、平成19年12月10日(月)12:00(必着)までに、電子メール、ファクシミリ又は往復はがきで、「陸域環境基準専門委員会(第2回)の傍聴希望」と明記し、住所、氏名、電話番号、傍聴券の送付先(電子メールアドレス、ファックス番号等)及び(差し支えなければ)所属を記入の上、下記(5.連絡先)までお申し込みください。申込みは、傍聴希望者1人につき1通といたします。

(3)

電子メールで申し込まれた場合は返信メールを印刷したものを、ファクシミリで申し込まれた場合はこちらからの返信を、往復はがきで申し込まれた場合は返信はがきを、それぞれ傍聴券といたしますので、傍聴の際には御持参願います。なお、当日は傍聴の受付に当たり身分を証明するものを御提示していただく場合がございますので、あらかじめ御了承ください。

(4)

カメラ撮りを御希望のマスコミ関係者の方は、あらかじめ下記(5.連絡先)までお申し込みください。
カメラ撮りについては、会議の冒頭のみでお願いいたします。冒頭の挨拶が終了した後、撮影担当の方は御退席いただく予定です。

5.連絡先

中央環境審議会水環境部会
陸域環境基準専門委員会事務局
環境省水・大気環境局水環境課
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1−2−2
TEL:03-3581-3351(内線6626)奥田、安達
FAX:03-3593-1438
電子メール:mizu-kikaku@env.go.jp

連絡先
環境省中央環境審議会中央環境審議会水環境部会
陸域環境基準専門委員会事務局
環境省水・大気環境局水環境課
直通:03−5521−8314
代表:03−3581−3351
課長:河崎 和明(6610)
課長補佐:辻原 浩 (6613)
担当:奥田 一臣(6625)
安達 昌明(6626)

ページ先頭へ