報道発表資料

平成19年11月1日
地球環境
この記事を印刷

政府公用車向けE3(バイオエタノール3%混合ガソリン)給油式について

環境省では、エコ燃料の普及を加速化するため、大都市圏等において、バイオエタノール混合ガソリンの自立的な生産・利用システムの成立を実証することを目的として、「エコ燃料実用化地域システム実証事業」を本年度から実施しております。この度、本事業の一環として、東京都内において政府公用車を対象にE3(バイオエタノール3%混合ガソリン)の供給を11月9日(金)から開始し、給油式を開催することとなりましたのでお知らせいたします。

1.給油式について

日時:
平成19年11月9日(金) 11時30分〜12時00分
場所:
新宿御苑 E3供給設備前(東京都新宿区内藤町11)
主催:
環境省

2.事業の目的

 輸送用バイオマス由来燃料(エコ燃料)の導入については、京都議定書目標達成計画において2010年度に原油換算50万キロリットルを導入するとの目標が掲げられています。
 「エコ燃料実用化地域システム実証事業」は、E3(バイオエタノール3%混合ガソリン)の普及を加速化するため、大都市圏等において実用化段階における自立的なエコ燃料E3生産・利用システムの実証事業を行うことを目的とするものです。今回は、当該事業の一環として、政府公用車向けに率先的にE3を導入しようとするものです。

3.事業内容

 本事業は、E3(バイオエタノール3%混合ガソリン)を製造して、大都市圏において自動車用燃料として販売し、原料調達から販売までの各生産・流通段階において、自動車用燃料としての品質を確保しつつ、登録されたガソリンスタンドにおいて登録された車両に対しE3を供給することで、必要な管理手法やE3の社会的受容性等の検証を行うものです。
 これを受け、本事業の一環として、政府公用車を対象として東京都内でのE3供給に向けた準備を実施してきたところであり、11月9日(金)より新宿御苑(東京都新宿区内藤町11)にて供給を開始することとなりました。

4.その他

 給油式の取材を希望される場合は、別紙「取材申込書」にてお申し込みください(締め切り:平成19年11月5日(月)17:00必着)。
 当日は、新宿御苑の管理門から入場され、給油式会場横の受付11:15までに集合してください。

必ず腕章または身分証明書を装着していただきますようお願いいたします。
取材時には担当者の指示に従ってください。
なお、取材の制限等は特段ございません。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
課長:徳田 博保(6770)
調整官:室石 泰弘(6771)
補佐:足立 晃一(6791)
担当:末次 貴志子(6780)
TEL:03−3581−3351(代表)
03−5521−8339(直通)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ