報道発表資料

平成19年10月18日
廃棄物
この記事を印刷

平成19年度「食品リサイクル推進環境大臣賞」の決定について

 環境省では、食品関連事業者等による食品循環資源の再生利用等に関する優れた取組を表彰することで、さらなる取組を促進し、普及拡大を図り、循環型社会の形成を推進するため「食品リサイクル推進環境大臣賞」を創設しました。
 本年度は平成19年9月4日(火)から9月27日(木)まで募集を行ったところ、57件のご応募をいただきました。全応募案件について「食品リサイクル推進環境大臣賞審査委員会」(委員長:東京農業大学 牛久保教授)において審査した結果に基づき、最優秀賞、優秀賞、奨励賞を決定したのでお知らせします。

1.目的

 食品関連事業者等による食品循環資源の発生抑制、再生利用及び熱回収等に関する優れた取組を表彰し、全国に紹介することで、さらなる取組の促進、普及拡大を図り、循環型社会の形成を推進します。

2.応募状況

 平成19年9月4日(火)から9月27日(木)まで募集を行ったところ、全国から57件の応募がありました。地域ブロック別、主体別の内訳は下表のとおりです。

北海道 東北 関東 中部 近畿 中国四国 九州 その他
応募数 17 11
排出事業者 再生利用事業者 農畜水産事業者 自治体・NPO その他
応募数 20 21

3.審査委員会

 東京農業大学の牛久保教授を委員長とし、学識経験者等5名から構成する「食品リサイクル推進環境大臣賞審査委員会」を10月9日(火)に開催し、最優秀賞、優秀賞、奨励賞を選考しました。

<食品リサイクル推進環境大臣賞審査委員会名簿>
氏名 所属
牛久保 明邦 東京農業大学 国際食料情報学部教授
石川  雅紀 神戸大学 大学院経済学研究科教授
鬼沢  良子 NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット 事務局長
杉山  涼子 富士常葉大学 環境防災学部准教授
中野 加都子 神戸山手大学 人文学部環境文化学科教授

4.環境大臣賞

 最優秀賞1件、優秀賞2件、奨励賞5件を決定しました。(添付資料参照)

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室
代表:03-3581-3351
 直通:03-5501-3153
 室長:西村 淳(内線 6831)
 室長補佐:松浦 明(内線 6853)
 係長:水谷 裕洋(内線 6853)

関連情報

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ